音楽

「芋の葉節」- 古典音楽

芋の葉節うんむぬふぁぶし:工工四

 

芋の葉節の工工四

工工四(簡易版)クリック→PDF(863KB)より印刷・保存

 

歌詞

 

芋の葉の露やうんむぬふぁぬつぃゆや 真玉よかきよらさまだまゆかちゅらさ

赤糸あぐまきにあかちゅあぐまちに 貫きやりはきやりぬちゃゐはちゃゐ

 

芋の葉の露は真珠の玉より美しい、

赤紐に通して首にかけてみたい。

赤糸あぐまきあかちゅあぐまち

複数の赤糸で編んだ紐飾り。

日本古語の「あげまき」が語源との説。

 

田芋の葉に乗った雫

芋の葉にのった雫

 

楽曲の解説

芋の葉節うんむぬふぁぶし」は節名の通り、芋の葉にのった水滴を宝石にたとえ、自然が織りなす神秘的な造形美をたたえた歌曲です。

本曲は「諸鈍節しょどんぶし」(※1)のちらし(※2)として組まれています。

また、琉球舞踊「むんじゅる」では、歌詞と調子(ニ揚にあぎ - 三線の中弦なかじるを1音上げる)をかえて演目終盤で演奏されます。

 

昔節んかしぶし(※1)

首里節しゅいぶし」、「作田節ちくてんぶし」、「ぢやんな節ぢゃんなぶし」、「諸屯節しゅどぅんぶし」、「暁節あかつぃちぶし」の五曲を総称して、昔節んかしぶしまたは前の五節めえぬいつぃぶしと呼んでいます。

古典音楽では古くから存在し、演奏時間、演奏技術ともに大曲と云われています。

一説によると、尚思紹王しょうししょうおうの時代(在位:1406年 - 1421年)に作曲されたものではないかとわれています。

 

ちらし(※2)

昔節んかしぶしの曲につないで演奏する終結部の楽曲。

楽曲の熱を徐々に散らしながらおさまりをもたせる構成。

御供ともいいます。

 

(揚)芋の葉節あぎうんむぬふぁぶし(舞踊「むんじゅる」)

里が張てくいたるさとぅがはてぃくぃてる むんじゅるの笠やむんぢゅるぬかさや

かんではもすださかんでぃわんすぃださ 縁がやよらゐんがやゆら

 

愛しい人が張ってくれた麦わらの笠は、

被り心地がよく涼しいのは二人のご縁があるからでしょう。

さとぅは、女性が思いをよせる愛しい男性のことを示す言葉です。
対して男性が思いをよせる愛しい女性を言いあらわす場合は「無蔵んぞ」と呼びます。

むんじゅる

麦わらでつくった笠。

農作業、畑仕事に日よけとして使用。

 

補足

 

芋の種類

本曲に登場する芋の種類は甘藷かんしょ(サツマイモ)、田芋たーんむなどの諸説があります。

『沖縄ことばの散歩道』著:池宮正治 氏は「葉っぱが広く起毛していて露が玉になるものといえば、里芋やクワイのたぐいでいわゆる沖縄の田芋たーんむ鶴の子ちんぬくであり、昨今、芋という言葉はサツマイモのことをさすようになっているが近世の中頃まで山芋や里芋をさす言葉であった」と記述されています。


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考にした全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守善、波 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆粒ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.