音楽

「恩納節」- 古典音楽

恩納節うんなぶし:工工四

 

恩納節の工工四

画像クリック→保存印刷できます。

 

歌詞

 

恩納松下にうんなまつぃしたに 禁止の碑のたちゆすちじぬふぇぬたちゅすぃ

恋忍ぶ迄のくいしぬぶまでぃぬ 禁止やないさめちじやねさみ

 

恩納番所に立っている松の木の下に、注意書きの立札が立てられているが、
恋をすることまで禁止しているのではあるまいか。

番所

現在の村役所

 

楽曲の解説

恩納節うんなぶし」が誕生した背景を探ると、尚敬王しょうけいおう(在位:1713-1751年)の時代につきあたります。

当時の琉球王府が外交(使節の巡察)の問題において風紀の乱れを心配し、若い男女の間でおこなわれていた毛遊びもうあしびに対して取り締まりを厳しくしました。

 

時代背景

尚敬王の時代は教育に力を入れ、琉球王国を文化大国へと築きあげていきます。文学や工芸が盛んになった時代に、女流歌人として名を残した恩納ナビーと吉屋チルーが誕生します。

 

恩納ナビーは市民の心情や恋愛、社会や政治における訴えを歌にのせ、情熱的に力強く詠い多くの人々を勇気づけました。

琉歌・芸能研究者である島袋盛敏しまぶくろせいびん(1890-1970年)の「琉歌集」には、「恩納節うんなぶし」本歌をはじめとする25首の歌詞が集録されているが、恩納ナビーがんだ歌詞が多くの人に親しまれている。

 

前述とつながりのある代表的な琉歌。

 

恩納ナビー

姉べたやよかて しのぐしち遊で
わすた世になれば おとめされて

【訳】神遊(かみあそび)ができたお姉さんたちの時代がうらやましい。
私たちの時代は、それができなくなってしまった。

 

補足

恩納節うんなぶし」を含む、「かぎやで風節」、「中城はんた前節なかぐしくはんためーぶし」、「特牛節こていぶし」、「長伊平屋節ながいひゃぶし」の古典音楽五曲を総称して、”御前風五節ぐじんふういちぶし”と呼んでいる。

当時の政治を揶揄やゆした「恩納節うんなぶし」が、琉球王府の”御前五風節ぐじんふういちぶし”に取り入れられた理由には諸説ありますが、主たる理由は琉球王国の一般市民の切なる想いを誰にも親しみやすく表現した作品に対し、当時の琉球王府が素直に認めた懐の深さにあるのかもしれません。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献:一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考にした全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守善、波 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆粒ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.