音楽

「恩納節」- 古典音楽

恩納節うんなぶし」:工工四

 

 

歌詞

 

恩納松下にうんなまつぃしたに 禁止の碑のたちゆすちじぬふぇぬたちゅすぃ

恋忍ぶ迄のくいしぬぶまでぃぬ 禁止やないさめちじやねさみ

 

恩納番所に立っている松の木の下に、注意書きの立札が立てられているが、
恋をすることまで禁止しているのではあるまいか。

番所

現在の村役所

 

恩納節の歌碑

恩納節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

曲目解説

恩納節うんなぶし」は現在の国頭郡恩納村恩納くにがみぐんおんなそんおんなの地域名に由来し、恩納番所の近くには「恩納節うんなぶし」の歌碑が建てられています。

尚敬王しょうけいおう(在位:1713-1751年)の時代、当時の琉球王府が外交の問題において風紀の乱れを危惧きぐし、若い男女の間でおこなわれていた毛遊びもうあしびに対して厳しく取り締まりをおこないました。

本曲は歌人の恩納なべなびーうたったもので、社会情勢や政治に対する大衆の想いを力強くうたい、多くの人々を勇気づけました。

当時の時代背景が伺える他の作品を紹介します。

 

恩納なべなびーの琉歌

姉べたやよかてあにびたゆかてぃ しのぐしち遊でしぬぐしちあすぃでぃ

わすた世になればわすぃたゆになりば おとめされてうとぅみさりてぃ

 

神遊(かみあそび)ができたお姉さんたちの時代がうらやましい。
私たちの時代は、それができなくなってしまった。

 

略歴

恩納なべうんななびー(18世紀頃)
確証性のある文献はないが現在の沖縄県国頭郡恩納村に生まれ、尚敬王の時代(1713~1751年)に活躍した女流歌人という言い伝えがある。
自然の情景、恋情を情熱的に詠む作風で、代表する作品には琉球古典音楽「恩納節」の琉歌がある。

 

略歴

尚敬王しょうけいおう(1700-1752)
第二尚氏王統しょうしおうとうの第13代国王。
教育と文化振興に力を入れ、琉球王国を文化大国へ導いた名君めいくん
現代に伝承でんしょうされる芸能文化の多くがこの時代に生み出される。
1719年には台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された組踊(国の重要無形文化財、世界のユネスコ無形文化遺産)が誕生。

 

補足

 

御前風五節ぐじんふういちぶし

恩納節うんなぶし」は宮廷の祝賀行事の座開ざびらきに琉球国王の御前で演奏され、「かぎやで風節」、「中城はんた前節なかぐすぃくはんためぶし」、「特牛節くてぃぶし(こてい節)」、「長伊平屋節ながいひゃぶし」の五曲を総称して”御前風五節ぐじんふういちぶし”と呼んでいます。

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは、「恩納節うんなぶし」が舞踊曲として演奏される「伊野波節ぬふぁぶし」の演目について解説しています。

 

伊野波節のアイキャッチ画像
「伊野波節」 - 古典舞踊/女踊り

伊野波節ぬふぁぶし(第一曲目):歌詞   逢はぬ夜のつらさあわんゆぬつぃらさ よそに思なちやめゆすにうみなちゃみ 恨めても忍ぶうらみてぃんしぬぶ 恋の習ひやくいぬなれや   訳 逢 ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.