音楽

「揚芋の葉節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

里が張てくいたるさとぅがはてぃくぃてる むんじゅるの笠やむんぢゅるぬかさや

かんではもすださかんでぃわんすぃださ 縁がやよらゐんがやゆら

 

愛しい人が張ってくれた麦わらの笠は、

かぶっても涼しいのは(二人の)ご縁があるからでしょうか。

さとぅ

  • さとぅ」は女性が思いを寄せる男性に対して使う言葉。男性が思いを寄せる女性に対して使うときは「無蔵んぞ」と呼ぶ。

むんじゅるの笠むんぢゅるぬかさ

  • 麦わらでつくった笠

 

解説

揚芋の葉節あぎうんむぬふぁぶし」はかぶり心地よく涼しく感じられるのは愛しい人の手によって作られた”むんじゅる笠”であるからと、年頃の娘のつつましやかな恋情をみ込んだ歌曲です。

”むんじゅる笠”は竹の骨組みに麦わらを張り並べた日除け用の笠で、光沢のある質感が美しく、かつては日常的に愛用されていました。

揚芋の葉節あぎうんむぬふぁぶし」は舞踊「むんじゅる」の演奏曲として構成されており、”むんじゅる笠”をかぶった娘の清純な姿を描いて表現されます。

 

むんじゅる平笠

 

補足

 

古典音楽

本曲は本調子の「芋の葉節うんむぬふぁぶし」をニ揚調にあぎちょう(三線の中弦なかじるを1音上げる)に調弦して創作された歌曲であることから「揚芋の葉節あぎうんむぬふぁぶし」と命名されています。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.