音楽

「十七八節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

よすずめのなればゆすぃずぃみぬなりば あひちをられらぬあゐちをぅらりらん

玉黄金使のたまくがにつぃけぬ にやきゆらとめばにゃちゅらとぅみば

 

夜に静寂が訪れるとこうしては(じっとしては)居られない。

大切な人からの使いが間もなく来ると思うと。

よすずめゆすぃじずぃみ

  • 夜のしじま
  • 夜の静寂

あひちあゐち

  • こうしては

玉黄金たまくがに

  • 大切な人
  • 愛しい人

にやにゃ

  • もう

 

解説

十七八節じゅうしちはしぶし」の由来には二つの説が存在します。

一つは思春期の年の頃、”十七・十八歳”に由来し、日が暮れて愛する人との逢瀬を待ちわびてうたった恋歌説。

もう一つは仏教の教えである”第十七願だいじゅうしちがん第十八願だいじゅうはちがん”(※補足追記)に由来し、人生の晩年、極楽浄土の迎えを待ってうたった説があります。

そして、二つの説の脈絡みゃくらくつなぎ合わせると、若かりし頃に愛する人を亡くし、晩年に人生を回想しながら静かに極楽浄土(故人のいる世界)の迎えを待つ姿が浮かび上がります。

十七八節じゅうしちはしぶし」は三線の音符〔工〕の連続音が仏事ぶつじで鳴らす鐘の音を想起そうきさせ、鎮魂的な深い精神の広がりをみせる曲想です。

 

夜の静寂(イメージ)

夜の静寂(イメージ)

 

補足

 

仏教の伝来

琉球における仏教の伝来は13世紀(1265年~1274年頃)にさかのぼり、禅鑑ぜんかんという名の僧侶が浦添うらそえに極楽寺を創建そうけんしたことが始まりとされています。参考:『中山世鑑ちゅうざんせいかん

仏教の教えには衆生しゅじょう(生きとし生けるものすべて)を救うためにかれた「四十八願しじゅうはちがん」という経典きょうてんがあります。

この四十八の願文がんもんの根本を成している誓願せいがんが「第十八願だいじゅうはちがん」とされており、宗派によっては「第十七願だいじゅうしちがん」と組み合わせでかれます。

 

大昔節うふんかしぶし

十七八節じゅうしちはしぶし」は古典音楽の大昔節うふんかしぶし(※1)の分類に属し、「本花風むとぅはなふうぶし」のチラシ(※2)につないでいきます。

 

三重城跡
「本花風節」- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   三重城にのぼてみぐすぃくにぬぶてぃ 打ち招く扇うちまにくあをぅぢ またもめぐり来てまたんみぐりちてぃ 結ぶ御縁むすぃ ...

続きを見る

 

大昔節うふんかしぶし(※1)

古典音楽の中でも古くから存在し、演奏時間、演奏技術ともに大曲である楽曲を大節うふぶしと呼び、創作された年代や曲想により、昔節んかしぶし大昔節うふんかしぶし中昔節なかんかしぶしに分類されます。

作田節ちくてんぶし」、「ぢやんな節ぢゃんなぶし」、「首里節しゅいぶし」、「しよどん節しゅどぅんぶし」、「暁節あかつぃちぶし」の五曲を総称して、昔節んかしぶしまたは前の五節めえぬいつぃふしと呼んでいます。

また、「茶屋節ちゃやぶし」、「昔蝶節んかしはびるぶし」、「長ぢやんな節ながぢゃんなぶし」、「仲節なかぶし」、「十七八節じゅうしちはちぶし」の五曲を総称して、大昔節うふんかしぶしまたは後の五節あとぅぬいつぃふしと呼びます。

 

ちらし(※2)

つないで演奏する終結部の楽曲。

楽曲の熱を徐々に散らしながらおさまりをもたせる構成をとります。

御供ともいいます。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.