音楽

「かぎやで風節」- 古典音楽

かぎやで風節かじゃでぃふうぶし」:工工四

 

 

歌詞

 

今日の誇らしややきゆぬふくらしゃや 何にぎやな譬てるなうにじゃなたてぃる

莟で居る花のつぃぶでぃをるはなぬ 露行逢た如つぃゆちゃたぐとぅ

 

今日の喜びは何にたとえることができましょう。

それはまるで花のつぼみが朝露をうけてパッと花開く心のようです。

 

四角豆の花

露をうけて花ひらく

 

曲目解説

かぎやで風節かじゃでぃふうぶし」は国の平安、五穀豊穣ごこくほうじょうの祈りを込めてお祝いの座開きに演奏される代表的な古典音楽です。

琉球王府の国王の御前で演奏されたことから「御前風ぐじんふう」または「一名御前風」という特称で呼ばれています。

また同じく座開きで演奏されていた「恩納節うんなぶし」、「中城はんた前節なかぐしくはんためーぶし」、「特牛節こていぶし(こてい節)」、「長伊平屋節ながいひゃぶし」を含めた五つの楽曲を総称して「御前風五節ぐじんふういつぃぶし」と呼びます。

琉歌百控乾柔節流りゅうかひゃっこうけんじゅうせつりゅう』(※1)には「嘉謝伝風節かじゃでぃふうぶし」という節名が収録されており、この琉歌が一般に歌われる「かぎやで風節かじゃでぃふうぶし」の原歌になります。

琉歌の内容は伊是名島いぜなじまを追われたのちの尚円王しょうえんおうが嘉謝 = 鍛冶屋かじやの青年に助けられ、その後、王位に就いた際に恩返しを申し出て鍛冶屋かじや国頭くにがみ按司あじ(※2)へ出世させた物語をうたっています。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう乾柔節流けんじゅうせつりゅう』(※1)

『琉歌百控』は上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

按司あじ(※2)

按司あじは国王の親族に位置する特権階級で各地域を領地として与えられていました。

 

嘉謝伝風節

あた嘉報の附すあたがふぬつぃちゃし 夢やちやうん見ぬいみやちよんんだん

嘉謝手報のつくへかじゃでぃふぬつぃくい 混と附さびぃたとぅつぃちゃさ

 

大きな果報を得られようとは夢にも見ないことであった。
鍛冶屋でいろいろ物を作ってきたが、そのおかげで思いがけぬ果報が身にぴったりとついた(良い事をすると思いもよらぬ果報があるものだ)。

 

かぎやで風節の歌碑

かぎやで風節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

かぎやで風節かじゃでぃふうぶし」は新しい年を迎えるときに歌われる歌詞があります。

 

新年用の歌詞

新玉の年にあらたまぬとぃしに 炭と昆布飾てぃたんとぅくーぶかじゃてぃ

心から姿くくるからしがた 若くなゆさわかくなゆさ

 

新しい年を迎えて、炭と昆布を飾って一年を祈ると。

心も身体も、若返ったような気持ちになります。

 

沖縄の正月飾り

昆布で炭を巻く習わしがあります。炭は朽ちないので「健康長寿」、昆布は「よろこぶ」を意味しています。

 

沖縄のお正月しめ縄飾り

沖縄のお正月しめ縄飾り

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは、「かぎやで風節かじゃでぃふうぶし」が舞踊曲として演奏される「かぎやで風かじゃでぃふう」の演目について解説しています。

 

かぎやで風の舞踊写真
「かぎやで風」 - 古典舞踊/老人踊り

かぎやで風節かじゃでぃふうぶし:歌詞   今日の誇らしややきゆぬふくらしゃや 何にぎやな譬てるなうにじゃなたてぃる 莟で居る花のつぃぶでぃをるはなぬ 露行逢た如つぃゆちゃたぐとぅ &nbsp ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.