音楽

「かぎやで風節」- 古典音楽

2019年6月17日

かぎやで風節かぢゃでぃふうぶし:工工四

 

かぎやで風節の工工四

画像クリック→保存印刷できます。

 

歌詞

 

今日の誇らしややきゆぬふくらしゃや 何にぎやな譬てるなうにじゃなたてぃる

莟で居る花のつぃぶでぃをるはなぬ 露行逢た如つぃゆちゃたぐとぅ

 

今日の喜びは何にたとえることができましょう。

それはまるで花のつぼみが朝露をうけて、パッと花開くような心のようです。

 

新年用の歌詞

新玉の年にあらたまぬとぃしに 炭と昆布飾てぃたんとぅくーぶかじゃてぃ

心から姿くくるからしがた 若くなゆさわかくなゆさ

 

新しい年を迎えて、炭と昆布を飾って一年を祈ると。

心も身体も、若返ったような気持ちになります。

 

沖縄の正月飾り

昆布で炭を巻く習わしがあります。炭は朽ちないので「健康長寿」、昆布は「よろこぶ」を意味しています。

 

楽曲の解説

かぎやで風節かじゃでぃふうぶし」は、お祝いの座開き(はじまり)に演奏される代表的な楽曲で、琉球王府の国王の御前で演奏されたことから、「御前風ぐじんふう」または「一名御前風」と特称で呼ばれています。

その他、国王の御前で演奏されていた「恩納節うんなぶし」、「中城はんた前節なかぐしくはんためーぶし」、「特牛節こていぶし」、「長伊平屋節ながいひゃぶし」を含めた五つの楽曲を総称して「御前風五節」と呼びます。

「かぎやで風」の由来には様々な諸説しょせつがありますが、琉歌百控乾柔節流(琉歌集- 1795年)には、嘉謝伝風節なる歌が集録されています。

 

嘉謝伝風節:歌詞

あた嘉報の附すあたがふぬつぃちゃし 夢やちやうん見ぬいみやちよんんだん

嘉謝手報のつくへかじゃでぃふぬつぃくい 混と附さびぃたとぅつぃちゃさ

 

大きな果報を得ようとは、夢にも思わなかった。
鍛冶屋で色々ものをつくってきたおかげで、果報が身にぴったりとついた。

伊是名島を追われたのちの尚円王しょうえんおうが、現地で鍛冶屋かじやの青年に助けられ、その後、王位に就いた際に恩返しを申し出て、鍛冶屋かじやを出世させた物語が語り継がれています。その時に、鍛冶屋かじやが詠んだ琉歌と言われています。

 

補足

「かぎやで風」の由来は他に、照屋寛善てるやかんぜん氏による能楽のうがく説があります。

能における猿楽さるがくの伝統演目「式三番」に「延命冠者えんめいかじゃ」という役があります。この「式三番」の踊りは翁による祝儀歌舞しゅうぎかぶであることから、役名の「冠者かじゃ」を習って、「かぎやで風」=「かじゃでぃふう」とした説もあります。

 

かぎやで風かじゃでぃふう」は古典舞踊 - 老人踊り - のページで詳しく説明しています。
下記リンクからご参照ください。

 

かぎやで風の舞踊写真
「かぎやで風」 - 古典舞踊/老人踊り

かぎやで風節かじゃでぃふうぶし:歌詞   今日の誇らしややきゆぬふくらしゃや 何にぎやな譬てるなうにじゃなたてぃる 莟で居る花のつぃぶでぃをるはなぬ 露行逢た如つぃゆちゃたぐとぅ &nbsp ...

続きを見る

 


 

参考文献

・琉球装束(その一) 舞踊と装い 古典女踊りの装い - 著者:金城 光子、 祝嶺 恭子
・沖縄の踊りの表現特質に関する研究 - 著者:金城 光子
・琉球古典音楽の表層―様式と理論 - 著者:大湾 清之
・花かんざし - 発行:冠船流川田琉球舞踊団
・沖縄新民謡の系譜 - 著者:大城 學
・沖縄舞踊の歴史 - 著者:矢野 輝雄
・琉球舞踊の世界 - 著者:勝連 繁雄
・ふるさとの歌 - 著者:与那嶺 政牛
・琉球芸能教範 - 著者:池宮喜輝
・原日本・沖縄の民俗と芸能史 - 著者:三隅 治雄
・琉球音楽歌三線筝曲綜譜 - 著者:川田 松夫
・琉舞手帖 - 著者:大道 勇
・舞踊曲工工四 - 発行:琉球古典音楽 野村流保存会
・沖縄祭祀資料 - 発行:データベース
・琉球舞踊 石川文洋写真集 - 著者:
石川文洋
・琉球舞踊(鑑賞の手引き) - 発行:沖縄県商工労働部観光・文化局文化振興課
・琉球舞踊 - 発行:沖縄県商工労働部観光・文化局文化振興課
・文書・写真資料 - 管理:那覇歴史博物館
・国指定文化財等データベース - 管理:文化庁

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた精霊。
伝統芸能の継承と発展を見守りつづけています。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright© マブイ , 2020 All Rights Reserved.