音楽

「しよどん節」- 古典音楽

しよどん節しゅどぅんぶし」:工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

枕ならべたるまくらならびたる 夢のつれなさよゆみぬつぃりなさゆ

月やいりさがてつぃちやいりさがてぃ 冬の夜半ふゆのやふぁん

 

枕を並べ情を交わした夢から覚めたときのつれないことよ。

すっかり月は西に入りかけ、冬の夜半のわびしさがつのる。

いりいり

西の方角。

 

曲目解説

しよどん節しゅどぅんぶし」は奄美大島あまみおおしまが発祥の歌曲で、最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)には原歌が収録されており、出自しゅつじが東間切之内潮殿村(現・大島郡瀬戸内町大字諸鈍おおしまぐんせとうちちょうおおあざしゅどぅん)として記されています。

また、本曲はこの地名をとって命名されたもので、史料によっては「諸鈍節しゅどぅんぶし」と記されています。

長い冬の夜を一人で過ごすわびしさをあらわした歌曲で、いつか愛し合った男女の温もりを残し、夢から覚めたあとのつれなさをみ込んでいます。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

冬の夜半のイメージ(三日月)

冬の夜半(イメージ)

 

補足

 

諸鈍長浜しょどんながはま

諸鈍長浜しょどんながはま」の入り江はデイゴ並木がつらなる風光明媚ふうこうめいびな観光名所として知られ、かつては各国との交易こうえきの入口として様々な文化がまじわる地域でした。

この地区にある大屯神社おおちょんじんじゃでは代々地域で継承けいしょうされてきた八月歌(※3)「諸鈍長浜しょどんながはま(節)」の歌碑かひが建てられており、その歌詞(下記参照)は『琉歌百控りゅうかひゃっこう』に収録されている「諸鈍節しゅどんぶし」=「しよどん節しゅどぅんぶし」の原歌とほぼ同じ内容でうたわれています。

 

八月歌(※3)

旧暦の八月、奄美大島あまみおおしま加計呂麻島かけろまじま喜界島きかいじま徳之島とくのしまなどで豊年豊作を祈願しておこなわれる伝統行事「八月踊り」で代々継承されている歌唱曲です。参考:『奄美民謡「諸鈍長浜節」の系譜』

 

諸鈍長浜しょどんながはま

1.

諸鈍ぬ長浜に 打上ぐぃ引く波や

諸鈍みやらぶぃ(娘)ぬ 笑い歯ぐき

2.

諸鈍ぬ長浜や 大和がでぃとゆむ

諸鈍みやらぶぃや 島中とゆむ

3.

浦々ぬ深さ 諸鈍ぬ浦深さ

諸鈍みやらぶぃの うむえ(情)ぬ深さ

4.

諸鈍みやらぶぃや 雪のろぬ歯ぐき

何時が夜の暮れぃて 御口吸はな

 

歌詞引用:「諸鈍長浜しょどんながはま」の歌碑かひより

 

諸鈍長浜の歌碑

諸鈍長浜の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

諸鈍長浜とデイゴ並木

諸鈍長浜とデイゴ並木 - 提供:瀬戸内町立郷土館

 

昔節んかしぶし

しよどん節しゅどぅんぶし」は古典音楽の昔節んかしぶし(※1)の分類に属し、「芋の葉節うんむぬふぁぶし」のチラシ(※2)につないでいきます。

 

田芋の葉に乗った雫
「芋の葉節」- 古典音楽

芋の葉節うんむぬふぁぶし:工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   芋の葉の露やうんむぬふぁぬつぃゆや 真玉よかきよらさまだまゆかちゅらさ 赤糸あぐまきにあか ...

続きを見る

 

昔節んかしぶし(※1)

古典音楽の中でも古くから存在し、演奏時間、演奏技術ともに大曲である楽曲を大節うふぶしと呼び、創作された年代や曲想により、昔節んかしぶし大昔節うふんかしぶし中昔節なかんかしぶしに分類されます。

作田節ちくてんぶし」、「ぢやんな節ぢゃんなぶし」、「首里節しゅいぶし」、「しよどん節しゅどぅんぶし」、「暁節あかつぃちぶし」の五曲を総称して、昔節んかしぶしまたは前の五節めえぬいつぃふしと呼んでいます。

また、「茶屋節ちゃやぶし」、「昔蝶節んかしはびるぶし」、「長ぢやんな節ながぢゃんなぶし」、「仲節なかぶし」、「十七八節じゅうしちはちぶし」の五曲を総称して、大昔節うふんかしぶしまたは後の五節あとぅぬいつぃふしと呼びます。

 

ちらし(※2)

つないで演奏する終結部の楽曲。

楽曲の熱を徐々に散らしながらおさまりをもたせる構成をとります。

御供ともいいます。

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは、「しよどん節しゅどぅんぶし」が構成されている「醜童しゅんどう」、歌詞を替えて演奏される「諸屯しゅどぅん」の舞踊演目について解説しています。

 

替え歌

旋律が借用しゃくようされ、原歌と替え歌の関係が派生したのは最古の歌謡が集録しゅうろくされている「おもろ」の時代からであり、今日に至るまで一つの伝統形式として成り立っています。

『おもろさうし』 は12世紀から17世紀にかけて島々でうたわれていた歌謡を採録さいろくし、1531年から1623年にかけて編纂へんさんされた最古の歌謡集です。

「おもろ」の語源は 「思いうむい」 を意味します。

 

醜童(しゅんどう)の舞踊写真
「醜童(しょんだう)」 - 古典舞踊/打組踊り

しょんだう節しゅんどうぶし(第一曲目):歌詞   ”シュンドー” 諸屯長浜にしゅどぅんながはまに ”ヨウアシュンドー” 打ちやり引く波のうちゃいひくなみぬ ”ヨウアシュンドー” ”シュンドー ...

続きを見る

諸屯のアイキャッチ画像
「諸屯」 - 古典舞踊/女踊り

仲間節なかまぶし(第一曲目):歌詞   思事の有てもうむくとぅぬあてぃん 与所に語られめゆすにかたらりみ 面影と連れてうむかぢとぅつぃりてぃ 忍で拝ましぬでぃおぅがま   訳 心に ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.