音楽

「本花風節」- 古典音楽

本花風節むとぅはなふうぶし」:工工四

 

 

歌詞

 

三重城にのぼてみぐすぃくにぬぶてぃ 打ち招く扇うちまにくあをぅぢ

またもめぐり来てまたんみぐりちてぃ 結ぶ御縁むすぃぶぐゐん

 

三重城にのぼって(出船)に打ち招く扇は、

再び巡り会うご縁を結んでくれるでしょう。

三重城みぐすぃく

沖縄県那覇市にある城砦跡じょうさいあと。対岸にある屋良座盛築城やらざもりぐしく(1554年)の後に築かれたので新城とも呼ばれています。

明治から大正にかけて長堤ちょうていの部分は埋め立てられ現在の地勢ちせいになりました。

 

三重城跡

三重城跡

三重城より那覇港を望む

三重城より那覇港を望む(戦前) - 提供:那覇市歴史博物館

 

曲目解説

本花風節むとぅはなふうぶし」は旅立つ人の航海の安全を祈り、別離の哀情あいじょうと再会への願いをみ込んだ歌曲です。

現代における航海の安全性と比べ、昔は海に出ることは常に危険と隣り合わせでした。

暴風雨や荒波、時に海賊かいぞくの襲撃に遭遇するなど命がけの旅路となり、また、連絡手段も乏しかったため人々が再会を願う気持ちは一層深いものであったことでしょう。

三重城は琉球王国時代より貿易港として栄えた那覇港北岸の沖合に築かれ、外敵から防衛するための城塞じょうさいの役割を担っていました。

海に突き出た長堤ちょうていは船を見送る送迎場として使われるようになり、航海の安全を祈りました。

 

補足

 

節名の由来

本花風節むとぅはなふうぶし」の「むとぅ」は”元祖、本来”という意味です。

最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう独節流どくせつりゅう』(※1)には「花風節はなふうぶし」が収録しゅうろくされており、この曲目が現在に伝わる「本花風節むとぅはなふうぶし」であるとわれています。

一説によると、「早稲まづん節」と呼ばれる曲目がやがて「花風節はなふうぶし」と呼ばれるようになったので、元の「花風節はなふうぶし」の意味を込めて名付けられたそうです。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう独節流どくせつりゅう』(※1)

『琉歌百控』は上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは、「本花風節むとぅはなふうぶし」が舞踊曲として演奏される「本花風むとぅはなふう」の舞踊演目について解説しています。

 

本花風のアイキャッチ画像
「本花風」 - 古典舞踊/女踊り

本花風節むとぅはなふうぶし(前段):歌詞   三重城にのぼてみぐすぃくにぬぶてぃ 打ち招く扇うちまにくあをぅぢ またもめぐり来てまたんみぐりちてぃ 結ぶ御縁むすぃぶぐゐん   訳 ...

続きを見る

 

ちらし

本花風節むとぅはなふうぶし」は大昔節うふんかしぶし(※1)の「十七八節じゅうしちはちぶし」のちらし(※2)として演奏されます。

 

大昔節うふんかしぶし(※1)の分類

古典音楽の中でも古くから存在し、演奏時間、演奏技術ともに大曲である楽曲を大節うふぶしと呼び、創作された年代や曲想により、昔節んかしぶし大昔節うふんかしぶし中昔節なかんかしぶしに分類されます。

作田節ちくてんぶし」、「ぢやんな節ぢゃんなぶし」、「首里節しゅいぶし」、「しよどん節しゅどぅんぶし」、「暁節あかつぃちぶし」の五曲を総称して、昔節んかしぶしまたは前の五節めえぬいつぃふしと呼んでいます。

また、「茶屋節ちゃやぶし」、「昔蝶節んかしはびるぶし」、「長ぢやんな節ながぢゃんなぶし」、「仲節なかぶし」、「十七八節じゅうしちはちぶし」の五曲を総称して、大昔節うふんかしぶしまたは後の五節あとぅぬいつぃふしと呼びます。

 

ちらし(※2)

つないで演奏する終結部の楽曲。

楽曲の熱を徐々に散らしながらおさまりをもたせる構成をとります。

御供ともいいます。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.