音楽

「白瀬走川節」- 古典音楽

白瀬走川節しらしはいかーぶし」:工工四

 

 

歌詞

 

白瀬走川にしらしはいかわに 流れゆる桜ながりゆるさくら

すくて思里にすぃくてぃうみさとぅに ぬきやりはけらぬちゃいはきら

 

白瀬走川に流れる桜の花をすくい糸につらぬつらね、

愛しい人の首におかけしましょう。

白瀬走川

沖縄本島の那覇から西へ約100kmの場所にある久米島くめじま

宇江城岳うえぐすくだけ(標高309m)から兼城湾かねぐすくわんに流れる白瀬川しらせがわのこと。

さとぅ

女性が思いをよせる愛しい男性のことを示す言葉。

対して男性が愛しい女性を言いあらわす場合は「無蔵んぞ」と呼ぶ。

 

白瀬川(久米島)

白瀬川渓流(久米島)

 

曲目解説

白瀬走川節しらしはいかーぶし」は久米島くめじまに流れる白瀬川しらせがわを舞台にした歌曲で、島尻郡久米島町嘉手苅しまじりぐんくめじまちょうかでかるにある橋のたもとには本曲の歌碑が建てられています。

愛しい人を一途に思う女性の恋心を、糸に通した花のゆかしさに映し重ねてみ込んでいます。

 

白瀬走川節の歌碑

白瀬走川節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

 

桜の種類

久米島くめじまでは、沖縄で代表的な「寒緋桜かんひざくら」の他に「幻の桜」と呼ばれる「クメノサクラ」が生育されています。

ピンク色の花をつける「寒緋桜かんひざくら」に対して、「クメノサクラ」は白い花を咲かせることが特徴的です。

また、花が散る時に「寒緋桜かんひざくら」は花冠かかん(花全部)ごと落ちますが、「クメノサクラ」は日本本土で咲く「ソメイヨシノ」のように一輪ずつ花びらが散っていきます。

一時は気候の問題により絶滅寸前になったことから「幻の桜」と呼ばれています。

現在、白瀬川しらせがわの両岸には桜の木が一本も生えていないため「ツツジ」を「桜」に見間違えたのではないかという説もありますが、「白瀬走川節しらしはいかーぶし」が創作された時代には「クメノサクラ」が咲いていたかもしれません。

 

クメノサクラ

クメノサクラ

寒緋桜

寒緋桜

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは、「白瀬走川節しらしはいかーぶし」が舞踊曲として演奏される「本貫花むとぅぬちばな」の演目について解説しています。

 

本貫花のアイキャッチ画像
「本貫花」 - 古典舞踊/女踊り

金武節ちんぶし(前段):歌詞   春の山川にはるぬやまかわに 散り浮ぶ桜ちりうかぶさくら すくい集めてどすぃくいあつぃみてぃどぅ 里や待ちゆるさとぅやまちゅる   訳 春の山川に散 ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.