音楽

「瓦屋節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

瓦屋頂登てからやつぃぢぬぶてぃ 真南向かて見ればまふぇんかてぃみりば

島の浦ど見ゆるしまぬらどぅみゆる 里や見らぬさとぅやみらん

 

瓦屋の上に登って南の方を見ると、

海辺は見えるけど愛しい人の姿は見えない。

瓦屋からや

  • 瓦を焼く窯場かまばがあった場所を「瓦屋」と称していた。1770年頃の古地図には、現在の那覇市泉崎なはしいずみさきに「瓦屋」の地名が確認とれる。また、真和志民俗地図には現在の那覇市国場なはしこくばに「瓦屋原」の地名がある。

島の浦しまぬら

  • 入り江
  • 海辺

さとぅ

  • さとぅ」は女性が男性を呼ぶときに使う言葉。対して、男性が女性を呼ぶときは「無蔵んぞ」と呼ぶ。

 

解説

遠くを見晴らす瓦屋のいただきに立ち、忍びやかに愛しい人を想う女性の胸中をみ込んだ歌曲です。

瓦屋節からやぶし」は、最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)に「美里同村 首里南風之平等 瓦屋とも云 鳥小堀村」と出自しゅつじが記されています。

美里同村みさとどうそん(現・沖縄市知花おきなわしちばな)と鳥小堀村とぅんじゅむいむら(現・那覇市首里鳥堀町なはししゅりとりほりちょう)は焼き物の生産地として知られ、当時の形跡をわずかに残す古窯跡は沖縄県の埋蔵文化財に指定されています。

1682年、瓦の需要急増に備えて美里みさと知花ちばな首里しゅり宝口たからくち真和志まわし湧田わくたかまを琉球王府の命により統合し、真和志まわし壺屋つぼや(現・那覇市壺屋なはしつぼや)に窯場かまばを移設しました。《参考:『球陽』》

壺屋つぼやが選ばれた理由の一つには、地形が窯場かまばに適した小高い山(傾斜地)であるからとわれています。

首里南風之平等しゅりふぇーぬひら(※2)は鳥小堀村とぅんじゅむいむら(現・那覇市首里鳥堀町なはししゅりとりほりちょう)を含む地域一帯を指しており、1671年頃には首里城の瓦を焼いていた窯場かまばがあったそうです。《参考:『首里古地図』》

瓦屋節からやぶし」の舞台となった場所や創作背景は現在も明らかになっていませんが、出自しゅつじに記されている二つの村は瓦の生産地(瓦屋)という共通点や舞台となった地形もあてはまっているのではないかと考察します。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

首里南風之平等しゅりふぇーぬひら(※2)

首里の中心に位置する行政区分。

鳥小堀村(現・首里鳥堀町しゅりとりほりちょう)、赤田村(現・首里赤田町しゅりあかたちょう)、大中村(現・首里大中町しゅりおおなかちょう)、桃原村(現・首里桃原町しゅりとうばるちょう)、当蔵村(現・首里当蔵町しゅりとうのくらちょう)崎山村(現・首里崎山町しゅりさきやまちょう)を指しています。

 

南窯ふぇーぬかま

那覇市壺屋なはしつぼやにある最古の荒焼釜あらやちかま(沖縄県文化財指定)。

傾斜地に作られることから登り窯と呼ばれ、下方からの余熱を利用しながら焼き物を焼成しょうせいします。

 

南窯(那覇市壺屋)1

南窯(那覇市壺屋)

南窯(那覇市壺屋)2

南窯(那覇市壺屋)

 

補足

瓦屋節からやぶし」の創作背景や舞台となった場所には様々な諸説があります。

以下、『標音・評釈琉歌全集/武蔵野書院版』を参考に記します。

 

悲恋の物語

大陸から来た陶工が沖縄に帰化して、瓦製造の業を始め、小禄間切当間村の女を妻にした。

伝説によれば、この女には夫がいたのに、無理に引き離されて陶工の妻にさせられたので、女は時々瓦屋の丘の上に登って、故郷の夫を恋い慕いこの歌をよんだという。

これが悲恋物語として後世に伝えられ、この頃では劇や映画にまで演ぜられるようになっている。参考:『標音・評釈琉歌全集/武蔵野書院版』

 

ちらし

瓦屋節からやぶし」は昔節んかしぶし(※3)である「暁節あかつぃちぶし」のちらし(※4)として演奏されます。

 

暁(夜明け前)の空
「暁節」- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   暁やなゆりあかつぃちやなゆゐ いきやおさうずめしやいがいちゃうそぅずぃみしぇが 別るさめとめばわかるさみとぅみば 袖 ...

続きを見る

 

昔節んかしぶし(※3)

古典音楽の中でも古くから存在し、演奏時間、演奏技術ともに大曲である楽曲を大節うふぶしと呼び、創作された年代や曲想により、昔節んかしぶし大昔節うふんかしぶし中昔節なかんかしぶしに分類されます。

作田節ちくてんぶし」、「ぢやんな節ぢゃんなぶし」、「首里節しゅいぶし」、「しよどん節しゅどぅんぶし」、「暁節あかつぃちぶし」の五曲を総称して、昔節んかしぶしまたは前の五節めえぬいつぃふしと呼んでいます。

また、「茶屋節ちゃやぶし」、「昔蝶節んかしはびるぶし」、「長ぢやんな節ながぢゃんなぶし」、「仲節なかぶし」、「十七八節じゅうしちはちぶし」の五曲を総称して、大昔節うふんかしぶしまたは後の五節あとぅぬいつぃふしと呼びます。

 

ちらし(※4)

つないで演奏する終結部の楽曲。

楽曲の熱を徐々に散らしながらおさまりをもたせる構成をとります。

御供ともいいます。

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは「瓦屋節からやぶし」が舞踊曲として演奏される「瓦屋節からやぶし(なからた)」について解説しています。

 

瓦屋節のアイキャッチ画像
「瓦屋節(なからた)」 - 古典舞踊/女踊り

仲良田節:歌詞   できやよ押し連れてでぃちゃようしつぃりてぃ 眺めやり遊ばながみやいあすぃば 今日や名に立ちゆるきゆやなにたちゅる 十五夜だいものじゅぐやでむぬ   訳 さあ、一 ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , , , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.