舞踊

「瓦屋節(なからた)」 - 古典舞踊/女踊り

仲良田節なからたぶし(第一曲目):歌詞

 

できやよ押し連れてでぃちゃようしつぃりてぃ 眺めやり遊ばながみやいあすぃば

今日や名に立ちゆるきゆやなにたちゅる 十五夜だいものじゅぐやでむぬ

 

さあ、一緒に眺めにいきましょう。

今日は名に立つ(評判の)十五夜ですから。

仲良田なからた

八重山列島の西表島に流れる仲良川なからがわ流域一帯の水田。

 

瓦屋節からやーぶし(第二曲目):歌詞

 

押す風も今日やうすかじんきゆや 心あてさらめくくるあてぃさらみ

雲晴れて照らすくむはりてぃてぃらす 月の清さつぃちぬちゅらさ

 

そよ吹く風も今日は心あるもののように、

雲はすっかり晴れて照り輝く月の美しいことよ。

 

しゃうんがない節しょんがねーぶし(第三曲目):歌詞

 

月も眺めたりつぃちんながみたい できやよ立ち戻らでぃちゃよたちむどぅら

里や我が宿にさとぅやわがやどぅに 待ちゆらだいものまちゅらでむぬ

 

月も眺めましたので、さあ一緒に戻りましょうか。

大切な人が我が家で待っていますから。

さとぅ

女性が男性を呼ぶときの言葉。

対して、男性が女性を呼ぶときは「無蔵んぞ」と言う。

 

瓦屋節の舞踊写真

- 琉球古典舞踊 女踊り「瓦屋節」 -

 

瓦屋節からやーぶし」:演目解説

 

あらまし

月や太陽、風土や気候に対する自然への畏敬いけいの念を重んじてきた人々の美しい心を情緒豊かに表現していきます。

諸屯しゅどぅん」や「天川あまかー」と同様に手踊りのみで表現していく代表的な古典舞踊で、戦前の芝居小屋ではとても人気を博した舞踊演目の一つです。

瓦屋節からやーぶし」は月見を楽しむ様子が描かれていることから別名「月見踊り」、また第一曲目(出羽んじふぁ)の節名から「なからた」とも呼ばれています。

 

演目の呼び名

瓦屋節からやーぶし」は月見踊り、「伊野波節ぬふぁぶし」は女笠踊り、「作田つぃくてん作田節つぃくてんぶし」は”団扇踊り、「本嘉手久むとぅかでいく」は花見踊り(笠踊り)という別称で呼ばれています。

 

みどころ

演目は「仲良田節なからたぶし」、「瓦屋節からやーぶし」、「しやうんがない節しょんがねーぶし」で構成され、三曲とも月見つきみを主題に描かれた内容となっています。

第一曲目(出羽んじふぁ)「仲良田節なからたぶし」の抒情性じょじょうせい豊かな旋律にあわせて《角切りすみきり※1》で静かに歩み、”できやよ押し連れてでぃちゃようしつぃりてぃ”の歌い出しで《思い入れ※2》をいれたあと、足と上半身の動きを中心に十五夜のゆかしさを表現していきます。

第二曲目(中踊りなかうどぅい)「瓦屋節からやーぶし」では”押す風も今日やうすかじんきゆや”の一節で、両手を右から左にまた左から右へ流す一連の振りにそよ風のさわやかさを演出し、”月の清さつぃちぬちゅらさ”の一節で《ガマク※3》を入れ、親指と人差し指を触れあわせ《月見手ちちみでぃ※4》をつくり、夜の月の美しさに喜びをあらわします。

第三曲目(入羽いりふぁ)「しやうんがない節しょんがねーぶし」は、曲調のテンポにあわせて足づかいを軽やかに移動し、”待ちゆらだいものまちゅらでむぬ”では《指組※5》に女性のやさしい心づかいを施しながら踊りを納めます。

流派によっては、演目構成や所作が異なる場合があります。

 

角切りすみきり※1》

踊り手が舞台を斜めに、下手奥しもておくから上手前かみてまえへ向かって対角線上に歩み出ること。

 

《思い入れ※2》

心に深く思いをそそぎこむ所作。

 

《ガマク※3》

腰骨の上のくびれた脇腹を少し屈折させて呼吸を入れ、腰と上体をしっかりと固定する身体技法。

 

月見手ちちみでぃ※4》

親指と人差し指の先を触れあわせ、目の形をつくりひたいの斜め前にかざす技法。

 

《指組※5》

(上記演目の写真のように)両手の指を重ね合わせて組む技法。

 

出羽んじふぁ中踊りなかうどぅい入羽いりふぁ

出羽んじふぁは踊り手が登場する出の踊りです。

中踊りなかうどぅいは舞台中央奥で立ち直りをしたあとの本踊りを指し、入羽いりふぁは舞台下手奥しもておくに戻っていく納めの踊りのことを指します。

琉球古典舞踊の基本構成は、この三部のつながりで構成されています。

 

舞台図

舞台図

 

補足

 

十五夜じゅうぐやー

沖縄の十五夜じゅうぐやーは旧暦の八月十五日にあたり、各地で大綱引きや臼太鼓ウスデーク、他さまざまな豊作祈願の行事がおこなわれます。

また毎年、首里城では琉球王朝時代より続く、「中秋ちゅうしゅううたげ」が盛大に催され、琉球古典舞踊、組踊が上演されます。

一般家庭では塩をふってでた小豆を白い餅にまぶした「吹上餅ふちゃぎ」をつくり、お仏壇や床の間、火の神ひぬかん(家を守るかまどの神様)にお供えする習わしがあります。

 

十五夜の首里城

十五夜の首里城

ふちゃぎ

ふちゃぎ

 

古典音楽

古典音楽のカテゴリーでは、「瓦屋節からやーぶし」の曲目について解説しています。

 

南窯(那覇市壺屋)2
「瓦屋節」- 古典音楽

「瓦屋節からやぶし」:工工四   「工工四の保存・印刷について」   歌詞   瓦屋頂登てからやつぃぢぬぶてぃ 真南向かて見ればまふぇんかてぃみりば 島の浦ど見ゆるしまぬ ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-舞踊
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.