音楽

「本田名節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

すんねくり舟のすぃんにくゐふにぬ 行きゆる渡海やればいちゅるとぅけやりば

けふや行ぎ拝できゆやうんぢをぅがでぃ 明日や来ゆすがあちゃやちゅすぃが

 

くり舟で渡って行ける海であれば、

今日に行ってお会いし、明日には帰ることが出来るのだが。

すんねくり舟すぃんにくゐふに

  • すんねすぃんに」 = 丸木舟 《『標準語引分類方言辞典』東京堂出版》
  • くり舟くゐふに」も同じ意味で、丸太をり抜いて造られた小舟。同じ意味を持つ言葉をつないで連語表現としている。

渡海とぅけ

  • 海を渡る

 

解説

本田名節むとぅだなぶし」は節名の通り伊平屋島いへやじま田名だな集落が発祥の地で、この一帯は緑豊かな美しい田園風景を背に珊瑚礁の海が広がり、古くより農業と漁業を中心に生活を営んできました。

歌詞にある”くり舟くゐふに”は丸太をり抜いて造られた小舟のことで、漁業をはじめ周辺の島々を渡る交通手段に使われてきました。

しかし、伊平屋島いへやじまの周辺海域は通称「伊平屋渡いひゃど」と呼ばれ、黒潮くろしおなどの影響により天候の悪い日は荒波が立つ難所として知られています。

本田名節むとぅだなぶし」はこうした危険の伴う航路を”渡りがたい恋路”に例えてみ込んでいます。

 

くり舟

くり舟

 

補足

 

楽曲の変遷

琉球王府の楽師を務めた知念績高ちねんせっこうによって「本田名節むとぅだなぶし」が創作されたことにより、『屋嘉比工工四やかびくんくんしー』(※1)に収められている「モト田名ブシ」は今日の「昔田名節んかしだなぶし」に節名が替わったとわれています。《参考:『沖縄三線節歌の読み方』沖縄教販》

 

屋嘉比工工四やかびくんくんしー(※1)

琉球音楽家の屋嘉比朝寄やかびちょうき(1716-1775)によって編み出された記譜法きふほうにより創案された現存する最も古い三線楽譜です。(117曲編纂へんさん

 

略歴

知念績高ちねんせっこう(1761-1828)
沖縄県那覇市首里桃原町に生まれる。
湛水流たんすいりゅう奥平朝昌おくだいらちょうしょうに師事し、その後、屋嘉比朝寄やかびちょうきの「当流」を豊原朝典とよはらちょうてんより学ぶ。
のちに屋嘉比工工四やかびくんくんしー(117曲)に46曲を追加し、芭蕉紙工工四ばしょうしくんくんしーを完成させる。
弟子には、安冨祖流あふそりゅうを創設した安冨祖正元あふそせいげんや野村流を創設した野村安趙のむらあんちょうがいる。
二回にわたり琉球王府の楽師を務めた。

 

ハイチョウの一鎖はいちょうぬちゅくさい

本曲に加えて「真福知のはいちやう節まふくぢぬふぇーちょうぶし」、「揚高禰久節あぎたかにくぶし」の三曲を組曲として、航海を祈願する祝儀曲として演奏されます。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.