舞踊

「醜童(しょんだう)」 - 古典舞踊/打組踊り

しょんだう節しゅんどうぶし(第一曲目):歌詞

 

”シュンドー” 諸屯長浜にしゅどぅんながはまに ”ヨウアシュンドー” 打ちやり引く波のうちゃいひくなみぬ ”ヨウアシュンドー”

”シュンドー” 諸屯女童のしゅどぅんみやらびぬ ”ヨウアシュンドー” 目笑ひ歯口みわれはぐち ”ヨウアシュンドー”

 

”シュンドー” 諸屯女童のしゅどぅんみやらびぬ ”ヨウアシュンドー” 雪のろの歯口ゆちぬるぬはぐち ”ヨウアシュンドー”

”シュンドー” いつか夜の暮れていつぃかゆぬくりてぃ ”ヨウアシュンドー” 御口吸はなみくちすわな ”ワタチャンドーアシェウキトゥタサ”

 

諸屯村の長浜に打ち寄せて引く波は、

諸屯村の娘が微笑ほほえむときに見せる眼と白い歯並びのよう。

諸屯村の娘の雪のような白い歯に口元、

そのうちに日が暮れたら口づけをしよう。

諸屯長浜しょどんながはま

現在の加計呂麻島かけろまじま諸鈍しょどん鹿児島県大島郡瀬戸内町大字諸鈍)に位置する浜辺。

※「補足」欄に「諸鈍長浜しょどんながはま」を追記ついき

 

諸鈍長浜とデイゴ並木

諸鈍長浜とデイゴ並木 - 提供:瀬戸内町立郷土館

諸鈍長浜の白波

諸鈍長浜の白波

 

それかん節すりかんぶし(第二曲目):歌詞

 

油買てたばうれあんだこーてぃたぼり ぢはも買ふてたばうれぢふぁんこーてぃたぼり ”ウンマサミ”

捨て夫の見る前すぃてぃをぅとぅぬみるみ みなでしゃべらみなでぃしゃびら ”スリカン”

 

阿旦垣だいんすあだにがちでんすぃ 御衣掛けて引きゆりんしゅかきてぃふぃちゅる ”ウンマサミ”

だいんす元べらひやでんすぃむとぅびれや 手取て引きゆらてぃとぅてぃふぃちゅら ”スリカン”

 

(髪につける)油を買ってください、じーふぁ(かんざし)も買ってください。

私を捨てた夫の見る手前、身だしなみを整えましょう。

とげのある)阿旦あだん海垣うみがきでさえも、着物を引っ掛け引き寄せるのです。

ですから、昔心を交わした貴方あなたなら手を取って引き寄せてくれるでしょう。

じーふぁ(かんざし)

琉球王府時代、身分により異なった素材(王族は金、士族は銀、平民は真鍮しんちゅうや木)のじーふぁ(かんざし)をならわしがある。

先端部せんたんぶとがっているため護身用ごしんようの武器にもなり、逆側のスプーンのような形状は整髪用せいはつようの油をすくうために使用。

阿旦垣あだにがち海垣うみがき

パイナップルに似た果実をつけ、葉は鋭いとげを持つ。

枝からは複数の支柱根しちゅうこんが土に向かってえ、風に強く倒れにくいことから人々の暮らしを守る防風防潮林ぼうふうぼうちょうりんとして、阿旦(アダン)の木を植栽しょくさい海垣うみがきを築いている。

海垣うみがきは生物の生息域を形成し、ヤシガニ、オカヤドカリ、オカガニの住処すみか、ウミガメの産卵などの環境保全にも役立つ。

 

琉球王国時代のジーファー(かんざし)

琉球王国時代のジーファー(かんざし)- 提供:東京国立博物館

 

浜辺に群生するアダン(海垣)

浜辺のアダン(海垣)

アダンの果実

アダンの果実

 

やれこのしい節やりくぬしいぶし(第三曲目):歌詞

 

押し連れて互にうしつぃりてぃたげに 遊び欲しゃあすがあすぃびぶしゃあすぃが

むぢやれ匂ひ高さんぢゃりにをぅいだかさ 別て遊ばわかてぃあすぃば

”アスィビュサヲゥドゥユサヒヨウシヌヤリクヌシヤリクヌシ”

よも面の美らさゆむづぃらぬちゅらさ どく頼で居るなどぅくたぬでぃをぅるな

縁ど肌添ゆるいんどぅはだすゆる 浮世知らねうちゆしらに

 

連れ立って一緒に遊びたいのですが、

匂いがきついので、離れて遊びましょう。

顔が美しいからといって自惚うぬぼれなさんな。

(男女は)えんがあってむすばれることが、つねだということを知らないのかい。

 

醜童(しゅんどう)の舞踊写真

- 琉球古典舞踊 打組踊り「醜童(しゅんどう)」 -

 

醜童しゅんどう(しょんだう)」:解説

 

あらまし

対照的たいしょうてきな各二組の美女と醜女しこめが互いの情感じょうかんを掛け合いながら展開する打組踊りうちくみうどぅい(※1)です。

緋色ひいろの衣装に鮮やかな髪飾りをつけて優雅ゆうがに舞う美女に対し、醜女しこめは地味な衣装に安物の大きなじーふぁ(かんざし)を指して滑稽こっけい仕草しぐさで両者の対比を描いています。

お面を用いて踊る唯一の古典舞踊で、琉球王府時代より踊られていた様子が『琉球人舞楽御巻物』(参考文献:一覧)に描かれています。

また、上演する舞台の最後に演じられることから「御後段踊りうぐだんうどぅい」と呼んでいます。

 

打組踊りうちくみうどぅい(※1)

対照的たいしょうてきな関係にある者(美女醜女、男女など)が組み合って踊る形式の演目。

 

みどころ

演目は「しょんだう節しゅんどうぶし」、「それかん節すりかんぶし」、「やれこのしい節やりくぬしいぶし」の三曲で構成されます。

第一曲目(出羽んじふぁ)「しょんだう節しゅんどうぶし」の前奏で二人の美女が《角切すみきり※2》でつつましく登場し、曲目の歌い出しよりしとやかに手の振りをそろえて上品に美しさを表現していきます。

やがて二人の醜女しこめ小走こばしりに登場すると、美女とは対照的に滑稽こっけいな手の振りをもって散り散りちりぢりに踊っていきます。

第二曲目(中踊りなかうどぅい)「それかん節すりかんぶし」では美女のすました踊りと醜女しこめのおどけた踊りを対面になって演じながら時折ときおり交差して、両者の対比たいひを浮き彫りに表現していきます。

第三曲目(入羽いりふぁ)「やれこのしい節やりくぬしいぶし」では曲目の前半を美女が踊り、”むぢやれ匂高さんぢゃりにをぅいだかさ 別て遊ばわかてぃあすぃば”の一節で「匂いがきついので別れて遊びましょう」と冷淡れいたんな態度をとって下手奥しもておくへ去っていきます。

一方、残された醜女しこめは曲目の後半で悪態をついて滑稽こっけいに踊り、”縁ど肌添ゆるいんどぅはだすゆる 浮世知らねうちゆしらに”の一節で「人間は顔ではなく、ご縁(心)が大切である」と美女に対する妬み心ねたみごころ人生訓じんせいくんに置き換えて踊りをおさめていきます。

演目を鑑賞していると、醜女しこめの悪態ばかりに着目しがちですが、美女の冷淡れいたんな心に対する教訓的な要素が含まれているところに演目の深いおもむきがあります。

流派によっては、演目構成や所作が異なる場合があります。

 

角切りすみきり※2》

踊り手が舞台を斜めに、下手奥しもておくから上手前かみてまえへ向かって対角線上に歩み出ること。

 

出羽んじふぁ中踊りなかうどぅい入羽いりふぁ

出羽んじふぁは踊り手が登場する出の踊りです。

中踊りなかうどぅいは舞台中央奥で立ち直りをしたあとの本踊りを指し、入羽いりふぁは舞台下手奥しもておくに戻っていく納めの踊りのことを指します。

琉球古典舞踊の基本構成は、この三部のつながりで構成されています。

 

舞台図

- 舞台図 -

 

補足

 

諸鈍長浜しょどんながはま

諸鈍長浜しょどんながはま」は、デイゴ並木がつらなる風光明媚ふうこうめいびな観光名所として知られ、かつては各国との交易こうえきの入口として様々な文化がまじわる地域でした。

毎年、旧暦きゅうれき九月九日になると「諸鈍シバヤ」という芸能祭(国指定重要無形民俗文化財)がこの地区にある大屯神社おおちょんじんじゃにて奉納ほうのうされます。

「諸鈍シバヤ」は、源平げんぺいの戦いで敗れた平家一門へいけいちもん武将ぶしょうがこの地にのがれ、土地の人との交流を深めるために伝えられたことが始まりとされ、名の由来は芝居(シバイ)が転訛てんかしたものといわれています。

11種の演目で構成され、踊り手はカビディラという紙のお面をつけ、陣笠風じんがさふうかさをかぶり三味線しゃみせん囃子はやしにのせて演じていきます。

このカビディラのお面は醜女しこめのお面とのつながりを感じ受けます。

 

諸鈍シバヤの演目

諸鈍シバヤの仮面 - 提供:瀬戸内町立郷土館

醜童のお面

醜童のお面

 

古典音楽

古典音楽のカテゴリーでは、「しよどん節しゅどぅんぶし」の曲目について解説しています。

 

冬の夜半のイメージ(三日月)
「しよどん節」- 古典音楽

「しよどん節しゅどぅんぶし」:工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   枕ならべたるまくらならびたる 夢のつれなさよゆみぬつぃりなさゆ 月やいりさがてつぃちや ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-舞踊
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.