音楽

「すき節」- 古典音楽

すき節すぃちぶし」:工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

節々がなればしつぃしつぃがなりば 木草だいも知ゆりちくさでんしゆゐ

人に生まれとてふぃとぅにうまりとぅてぃ 我親知らぬわうやしらに

 

季節が来れば木や草でさえ知る(実を結ぶ)ことができるのに、

人に生を受けて自分の親を知らない(孝行できない)ことがあろうか。

節々しつぃしつぃ

季節。

時節。

だいもでん

~でさえ。

 

曲目解説

すき節すぃちぶし」は組踊(※1)の創始者である玉城朝薫たまぐすくちょうくんが創作した歌曲で、作劇「二童敵討にどうてぃちうち」の一幕、親の敵討かたきうちに出立いでたつシーンで演奏されます。

移りゆく季節、連綿と命のバトンをつないで実を結ぶ自然の姿に、親を亡くした我が身の境遇を映し重ねてみ込んでいます。

最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※2)には「寿喜節すきぶし」の字があてられ、自然の情景や世の泰平たいへいうたった琉歌四首が収められています。

 

「二童敵討」

天下取りの野望を抱く阿麻和利あまわりは、目先の邪魔者であった護佐丸ごさまるをだましちにして中城城なかぐすくじょうを攻め滅ぼします。

阿麻和利あまわりに父親(護佐丸ごさまる)の命を奪われた鶴松と亀千代の兄弟は、敵の目を逃れながら父親の敵討かたきうちの機会をうかがっていました。

ある日、阿麻和利あまわりうたげを開く情報を耳にした兄弟は、ようやくかたきつ機会が訪れたと母親に意を決意し、父親が愛用していた守り刀(短刀)を授かり、いざ敵陣へ向かいます。

踊り子にふんした兄弟は、うたげの場で踊ったり酒をついだりして、徐々に阿麻和利あまわりを酔わせていきます。

気分を良くした阿麻和利あまわり褒美ほうびとして団扇や太刀、着用している陣羽織まで次々に与えていきます。

丸腰になって調子よく踊っている阿麻和利あまわりの隙を見逃さず、兄弟はついに父親の敵をつことに成功します。

 

略歴

玉城朝薫たまぐすくちょうくん(1684年-1734年)
琉球王国の国劇である組踊くみうどぅいの創始者。
1715年と1718年の2回、冊封式典の踊奉行おどりぶぎょうを務める。
組踊くみうどぅいを代表する「二童敵討にどうてぃちうち」、「執心鐘入しゅうしんかにいり」、「銘苅子みかるしー」、「孝行の巻こうこうぬまち」、「女物狂うんなむぬぐるい」を朝薫五番ちょうくんごばんと称す。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1719年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※2)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

自生する木草

自生する木草(イメージ)

 

補足

 

ちらし

すき節すぃちぶし」は大昔節うふんかしぶし(※1)の「茶屋節ちゃやぶし」のちらし(※2)として演奏されます。

 

御殿のイメージ写真
「茶屋節」- 古典音楽

「茶屋節ちゃやぶし」:工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   をがでのかれらぬをぅがでぃぬかりらん 首里天ぎやなししゅゆゐてぃんぢゃなし 遊でのかれらぬあす ...

続きを見る

 

大昔節うふんかしぶし(※1)の分類

古典音楽の中でも古くから存在し、演奏時間、演奏技術ともに大曲である楽曲を大節うふぶしと呼び、創作された年代や曲想により、昔節んかしぶし大昔節うふんかしぶし中昔節なかんかしぶしに分類されます。

作田節ちくてんぶし」、「ぢやんな節ぢゃんなぶし」、「首里節しゅいぶし」、「しよどん節しゅどぅんぶし」、「暁節あかつぃちぶし」の五曲を総称して、昔節んかしぶしまたは前の五節めえぬいつぃふしと呼んでいます。

また、「茶屋節ちゃやぶし」、「昔蝶節んかしはびるぶし」、「長ぢやんな節ながぢゃんなぶし」、「仲節なかぶし」、「十七八節じゅうしちはちぶし」の五曲を総称して、大昔節うふんかしぶしまたは後の五節あとぅぬいつぃふしと呼びます。

 

ちらし(※2)

つないで演奏する終結部の楽曲。

楽曲の熱を徐々に散らしながらおさまりをもたせる構成をとります。

御供ともいいます。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.