舞踊

「柳」 - 古典舞踊/女踊り

中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし(前段):歌詞

 

飛び立ちゅる蝶とぅびたちゅるはびる 先づよ待て連れらまづぃゆまてぃつぃりら

花のもと吾身やはなぬむとぅわんや 知らぬあものしらんあむぬ

 

飛び立とうとしている蝶よ、一寸お待ちください。

花が咲いている場所を知らないので、わたしも一緒に連れて行ってくださいな。

 

花に舞うオオゴマダラ

オオゴマダラ

 

柳節やなじぶし(後段):歌詞

 

柳は緑やんなじはみどぅり 花は紅はなはくりない

人は唯情ふぃとぅはただなさき 梅は匂ひうみはにおぅい

 

柳は緑が映えて、花は紅が美しい。

人にとって大切なのは情の心であり、梅は匂いによって尊ばれる。

 

柳の舞踊写真

琉球古典舞踊 女踊り「柳」

 

やなじ」:演目解説

 

あらまし

自然の摂理に人間の思想を重ね合わせ、花籠はなかごにのせた採り物を次々に持ち替えてテーマをたどる構成で演じられます。

華やかな紅型衣装に小道具の色彩感が鮮やかに色映えする演目です。

 

みどころ

演目は「中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし」、「柳節やなじぶし」の二曲で構成されます。

前段「中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし」の前奏で花籠を紅白のひもで肩から担ぎ、《角切りすみきり※2》で静かに歩み登場します。

歌い出しの”飛び立ちゅる蝶とぅびたちゅるはびる”では、ひらりひらりと飛び回る蝶に向かって語りかけるように前後左右に移動して舞い、その後、舞台中央奥で後ろ向きになり花籠を置きます。

後段「柳節やなじぶし」の前奏では柳を手に持って立ちなおり、”柳は緑やんなじはみどぅり”の一節で振り返ると同時に手にした柳の枝をサッと前方へ投げ伸ばしてを描き、巧みに緑映えを表現します。

次節の”花は紅はなはくりない”では真紅の花に情感じょうかんをもたせ味わい深く踊り、続いて"人は唯情ふぃとぅはただなさき"の一節では両手を腰の前方に組み合わせ《思い入れ※3》をおこない、人生のり方をさとすようにしとやかに踊ります。

最後は梅の小枝を手にして、ほのかな香りをひと枝に託すことでこの世のはかなさをあらわします。

り物のパートで歌われる”エイヤ エイヤ”、”ユリティク ユリティク”の囃子はやしでは、小道具を手に持ったまま上体を《なより※4》、前へ歩みながら足で調子をとって演目を色付けしています。

流派によっては、演目構成や所作が異なる場合があります。

 

角切りすみきり※2》

踊り手が舞台を斜めに、下手奥しもておくから上手手前かみててまえへ向かって対角線上に歩み出ること。

 

舞台図

舞台図

 

《思い入れ※3》

心に深く思いをそそぎこむ所作。

 

《なより※4》

身体全体をなよやか(柔らかに)動かす仕草。古来から伝わる祭祀舞踊さいしぶようの技法。

 

演目の構成

やなじ」を含む「作田節ちくでんぶし」、「綛掛かしかき」、「天川あまかー」、「伊野波節ぬふぁぶし」、「諸屯しゅどぅん」、「本貫花むとぅぬちばな」を総称して、古典女七踊りこてんうんな(いなぐ)ななうどぅいと呼ばれています。(本貫花むとぅぬちばなの代わりに「苧引うーびち」を加える説もある)

七つの踊りは古典舞踊の代表的な演目であり、内容や技法の上から名曲といわしめ現代まで親しまれてきました。

 

補足

 

祝歌や魔除け

沖縄では蝶を”ハベル”と呼び、天からお仕えする使者であるという言い伝えが古くより残されています。

はべるの言葉を探っていくと、古典日本語では「侍(はべる)=そばにいる」の連体形で「おつかえする」という意味になります。

世界各国を例にみるとギリシア語では「蝶」を"プシュケ"と呼び、「魂」の同義語にあたります。また、イタリアのローマでは棺(ひつぎ)に「魂」を吹き込むものとして「蝶」の姿が大切に刻印されています。

不思議なことに古くから死者が「蝶」になって帰ってくるという言い伝えが他国の文明圏にも共通しているのです。

柳節やなじぶし」は古くから祝歌や魔除けの曲として神聖に扱われていたとされ、歌詞にみる人生の本質を解いた内容に結びつけると、この演目が創作された背景には神聖な意味合いが込められているのではないかと考察します。

 

古典音楽

古典音楽のカテゴリーでは、「中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし」の曲目について解説しています。

 

花の蜜を吸うオオゴマダラ
「中城はんた前節」- 古典音楽

「中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし」:工工四   「工工四の保存・印刷について」   歌詞   飛び立ちゅる蝶とぅびたちゅるはびる 先づよ待て連れらまづぃゆまてぃ ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-舞踊
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.