音楽

「中城はんた前節」- 古典音楽

中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし」:工工四

 

 

歌詞

 

飛び立ちゅる蝶とぅびたちゅるはびる 先づよ待て連れらまづぃゆまてぃつぃりら

花のもと吾身やはなぬむとぅわんや 知らぬあものしらんあむぬ

 

飛び立とうとしている蝶よ、一寸お待ちください。
愛しい方のいる場所を知らないので、わたしも一緒に連れて行ってくださいな。

はんた

はんた前の”はんた”とは、沖縄の言葉で「端」という意味を持ちます。

 

曲目解説

中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし」は沖縄本島の那覇から西へ約100kmの場所にある久米島くめじまが発祥とされています。

節名の由来は、15世紀頃、久米島くめじまに伊藤ちなはという名の一族が島を統治しており、その時代に建てられた宇江城うえぐすぃく(※1)のことを「中城なかぐすぃく」と呼んでいたことにちなんでいます。

蝶と対話する擬人的技法で表現し、自然の摂理に人間の思想を映し重ねてまれた歌曲です。

 

花にとまるオオゴマダラ

オオゴマダラ

 

原歌

はんた前の下りはんためぬくだい 溝割てどよこすんじゅわてぃどぅゆくす

三十ませ三ませさんじゅましみまし 真水こめてまみじくみてぃ

 

中城(宇江城うえぐすぃく)周辺の傾斜地に、溝をつくって水を引く。

たくさんの田んぼに水がいきわたり、なんと素晴らしいことか。

三十ませ三ませさんじゅましみまし

ませ = 田の区画。三十三画とありますが、広義に壮大な田園風景をあらわしているのだろうと思います。

 

宇江城(※1)

久米島くめじまは15か所以上の城があると言われており、この宇江城うえぐすぃくは沖縄県内の城の中で最も高い場所(標高310mの宇江城岳うえぐすぃくだけの山頂)に築かれました。

 

久米島にある宇江城城跡

久米島の宇江城城跡

 

補足

 

御前風五節ぐじんふういちぶし

宮廷の祝賀行事の座開ざびらきに琉球国王の御前で演奏され、「かぎやで風節」、「恩納節うんなぶし」、「特牛節くてぃぶし(こてい節)」、「長伊平屋節ながいひゃぶし」の五曲を総称して”御前風五節ぐじんふういちぶし”と呼んでいます。

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは、「中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし」が歌詞を替えて演奏される「やなじ」の演目について解説しています。

 

替え歌

旋律が借用しゃくようされ、原歌と替え歌の関係が派生したのは最古の歌謡が集録しゅうろくされている「おもろ」の時代からであり、今日の創作舞踊に至るまで一つの伝統形式として成り立っています。

『おもろさうし』 は12世紀から17世紀にかけて島々でうたわれていた歌謡を採録さいろくし、1531年から1623年にかけて編纂へんさんされた最古の歌謡集です。

「おもろ」の語源は 「思いうむい」 を意味します。

 

柳のアイキャッチ画像
「柳」 - 古典舞踊/女踊り

中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし(前段):歌詞   飛び立ちゅる蝶とぅびたちゅるはびる 先づよ待て連れらまづぃゆまてぃつぃりら 花のもと吾身やはなぬむとぅわんや 知らぬあものしらんあ ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.