舞踊

「伊野波節」 - 古典舞踊/女踊り

伊野波節ぬふぁぶし(第一曲目):歌詞

 

逢はぬ夜のつらさあわんゆぬつぃらさ よそに思なちやめゆすにうみなちゃみ

恨めても忍ぶうらみてぃんしぬぶ 恋の習ひやくいぬなれや

 

逢えない夜は辛いこと、あなたは他の女性に心を移したのでしょうか。

恨めしく思いながらも、あなたのもとへ忍んでいくのは恋する者の性です。

 

恩納節うんなぶし(第二曲目):歌詞

 

恩納松下にうんなまつぃしたに 禁止の牌の立ちゆすちじぬふぇぬたちゅすぃ

恋忍ぶまでのくいしぬぶまでぃぬ 禁止や無さめちじやねさみ

 

七重八重立てるななゐやゐたてぃる 籬内の花もましうちぬはなん

匂移すまでのにをぃうつぃすぃまでぃぬ 禁止や無さめちじやねさみ

 

恩納番所に立っている松の木の下に注意書きの立て札が建てられているが、

恋をすることまで禁止しているのではあるまいか。

幾重にはりめぐらしたまがきの内の花も、

誰にもその匂いを止めることはできません。

まがき

竹、柴を編んでつくった垣。

 

籬の画像

籬(イメージ)

※当時使用されていた籬に関する写真資料が見つからないため、イメージ画像として掲載しています。

 

長恩納節ながうんなぶし(第三曲目):歌詞

 

逢はぬ徒らにあわんいたぢらに 戻る道すがらむどぅるみちすぃがら

恩納岳見ればうんなだきみりば 白雲のかかるしらくむぬかかる

恋しさや詰めてくいしさやちみてぃ 見欲しやばかりみぶしゃばかゐ

 

あなたに逢うこともできずに空しく戻る道すがら、

恩納岳をみると白い雲(心模様)がかかっています。

その景色をみると恋しさが増して、一目会いたい思いはつのるばかりです。

恩納岳おんなだけ

国頭郡恩納村瀬良垣くにがみぐんおんなそんせらかき国頭郡金武町伊芸くにがみぐんきんちょういげいに境界をなす標高363メートルの山。

 

恩納岳

恩納岳

 

伊野波節の舞踊写真

-琉球古典舞踊 女踊り「伊野波節」-

 

伊野波節ぬふぁぶし」:演目解説

 

あらまし

女踊りの技法が集約されている演目で「諸屯しゅどぅん」と並び最高峰の琉球舞踊としょうされています。

前半は花笠を手に持って胸中の思いを燃焼させ、後半では花笠を深々とかぶり愛しい人をした余情よじょうを残しながら踊りを納めます。

揺れ動く女性の情愛じょうあいを大輪の花笠に託していることから「花笠踊り」、「女笠踊り」と呼ばれています。

 

演目の呼び名

伊野波節ぬふぁぶし」は女笠踊り、「作田つぃくてん作田節つぃくてんぶし」は団扇踊り、「瓦屋節からやーぶし」は月見踊り、「本嘉手久むとぅかでいく」は花見踊り(笠踊り)という別称で呼ばれています。

 

みどころ

演目は「伊野波節ぬふぁぶし」、「恩納節うんなぶし」、「長恩納節ながうんなぶし」の三曲で構成されます。

第一曲目(出羽んじふぁ)「伊野波節ぬふぁぶし」にあわせて《角切すみきり※1》で歩み、舞台中央で基本立ちになると、”逢はぬ夜のつらさあわんゆぬつぃらさ”の歌い出しで花笠を胸元にひきつけ深い《思い入れ》をおこないます。

よそに思なちやめゆすにうみなちゃみ”の一節で上手前かみてまえ方向に小走りに移動して恋に身を焼く女心の揺れをあらわし、《よそにの手》と《ちゃーみの手》の技法を重ねて花笠を大きく振りかざし情念を燃やす一連の所作しょさは他の古典舞踊にはない表現方法です。

ハイヤーマーター”の囃子では身体を打ち下ろして、悲哀ひあいを視覚的に訴えていきます。

伊野波節ぬふぁぶし」が女心の切実な情感じょうかんつづっていくのに対して、第二曲目(中踊りなかうどぅい)「恩納節うんなぶし」は花笠をかぶり軽やかなテンポにあわせた歩みを中心に描いていきます。

匂移すまでのにをぃうつぃすぃまでぃぬ”の一節では両手でそでをすくい上げたまま振り向く《袖取そでとり》の技法をもって、目に見えない匂いを写実的に表現していきます。

第三曲目(入羽いりふぁ)「長恩納節ながうんなぶし」は、”白雲のかかるしらくむぬかかる”の一節で《白雲手しらくむでぃ》の技法をおこなうと同時に、地謡じうてーと踊り手がしゃくをはずさないようにを合わせる工夫が必要となります。

恋しさや詰めてくいしさやちみてぃ”の一節では《あご当て》の技法をもって、悲恋の切なさと燃える情念じょうねんを美しい手踊りをもってあらわし余情よじょうを残して演目を締めくくります。

《技法》については、まとめて「補足」欄に追記しました。

 

流派によっては、演目構成や所作が異なる場合があります。

 

角切すみきり※1》

踊り手が舞台を斜めに、下手奥しもておくから上手前かみてまえへ向かって対角線上に歩み出ること。

 

出羽んじふぁ中踊りなかうどぅい入羽いりふぁ

出羽んじふぁは踊り手が登場する出の踊りです。

中踊りなかうどぅいは舞台中央奥で立ち直りをしたあとの本踊りを指し、入羽いりふぁは舞台下手奥しもておくに戻っていく納めの踊りのことを指します。

琉球古典舞踊の基本構成は、この三部のつながりで構成されています。

 

舞台図

舞台図

 

補足

 

伊野波節ぬふぁぶし」の特殊技法

 

各技法の説明

  • 《思い入れ》
    心に深く思いをそそぎこむ所作。
  • 《あごて》
    首を傾け、顎に手をあてる技法。
  • 白雲手しらくむでぃ
    両手を斜め上にあげ指関節と手首をつかって波うたせる手踊りのこと。(※流派によって違いがあり)
  • 月見手ちぢみでぃ
    親指と人差し指の先を触れあわせ、目の形をつくり額ひたいの斜め前にかざす技法。
  • 袖取そでとり》
    袖を両手ですくあいげる技法。
  • 《よそにの手》、《ちゃーみの手》
    肩先から笠を大きく振りかざす所作。
  • 《しのびの手》
    半身になり袖をつかんで前方に顔を隠しながら歩む所作。
  • 《ガマク》
    腰骨の上のくびれた脇腹に呼吸を入れ、腰と上体をしっかりと固定する身体技法。

 

古典音楽

古典音楽のカテゴリーでは、「恩納節うんなぶし」の曲目について解説しています。

 

恩納節の歌碑(松の木を背景)
「恩納節」- 古典音楽

「恩納節うんなぶし」:工工四   「工工四の保存・印刷について」   歌詞   恩納松下にうんなまつぃしたに 禁止の碑のたちゆすちじぬふぇぬたちゅすぃ 恋忍ぶ迄のくいしぬ ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-舞踊
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.