舞踊

「伊野波節」 - 古典舞踊/女踊り

2019年8月3日

伊野波節ぬふぁぶし(第一曲目):歌詞

 

逢はぬ夜のつらさあわんゆぬつぃらさ よそに思なちやめゆすにうみなちゃみ

恨めても忍ぶうらみてぃんしぬぶ 恋の習ひやくいぬなれや

 

逢えない夜のつらさよ、他の女性に心を移したのでしょうか。

恨めしく思いながらもあなたのもとへ忍んでいくのは恋する者の性です。

 

恩納節うんなぶし(第二曲目):歌詞

 

恩納松下にうんなまつぃしたに 禁止の牌の立ちゆすちじぬふぇぬたちゅすぃ

恋忍ぶまでのくいしぬぶまでぃぬ 禁止や無さめちじやねさみ

 

七重八重立てるななゐやゐたてぃる 籬内の花もましうちぬはなん

匂移すまでのにをぃうつぃすぃまでぃぬ 禁止や無さめちじやねさみ

 

恩納番所に立っている松の木の下に、注意書きの立て札が建てられているが、

恋をすることまで禁止しているのではあるまいか。

幾重にはりめぐらしたまがきの内の花も、

その匂いがまがきの外にただようことをとめることはできません。

 まがき 

竹、柴を編んでつくった垣。

 

籬のイメージ画像

籬(まがき)

 

長恩納節ながうんなぶし(第三曲目):歌詞

 

逢はぬ徒らにあわんいたぢらに 戻る道すがらむどぅるみちすぃがら

恩納岳見ればうんなだきみりば 白雲のかかるしらくむぬかかる

恋しさや詰めてくいしさやちみてぃ 見欲しやばかりみぶしゃばかゐ

 

逢うこともできず、空しく戻る道すがら、

恩納岳をみると白い雲(心模様)がかかっています。

恋しさが増して、一目会いたい思いはつのるばかりです。

 恩納岳おんなだけ 

沖縄本島のほぼ中央部に位置し、北の沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣(せらかき)、南の同郡金武町伊芸(いげい)との境界をなす標高は363メートルの山。(参照:Wikipedia - 恩納岳

 

恩納岳の画像

恩納岳

 

伊野波節の舞踊写真

-琉球古典舞踊 女踊り「伊野波節」-

 

伊野波節ぬふぁぶし」:解説

 

あらまし

内に秘めた情愛じょうあいを大輪の花笠に託して演じられる演目です。

前半は花笠を手に持って胸中の思いを燃焼させ、後半では花笠を深々とかぶり愛しい人をした余情よじょうを残し演じていきます。

別名「花笠踊り」、「女笠踊り」と呼び、「諸屯しゅどぅん」と並び最高峰の琉球舞踊と称されています。

 

みどころ

演目は、「伊野波節ぬふぁぶし」、「恩納節うんなぶし」、「長恩納節ながうんなぶし」の三曲で構成されています。

第一曲目(出羽んじふぁ)「伊野波節ぬふぁぶし」にあわせて、《角切すみきり※1》で歩み舞台中央で基本立ちになると、”逢はぬ夜のつらさあわんゆぬつぃらさ”の歌い出しで花笠を胸元にひきつけ、深い《思い入れ※2》をいれていきます。

よそに思なちやめゆすにうみなちゃみ”の一節で、上手前方向に小走りで移動して心の揺れをあらわし、手に持つ花笠を大きく振りかざして情念を燃やす所作は、他の古典女踊りにはない唯一の表現形式です。

ハイヤーマーター”の囃子では、静的な舞踊に《あごあて※3》のアクセントをつけ、全身の力を一瞬抜いて女心のみょうを視覚的に訴えていきます。

伊野波節ぬふぁぶし」が女心の切実な情感じょうかんつづっていくのに対して、第二曲目(中踊りなかうどぅい)「恩納節うんなぶし」は、花笠をかぶり軽やかなテンポにあわせた歩みを中心に描いていきます。

七重八重立てるななゐやゐたてぃる”の一節で、かぶる花笠を両手で添えて左右に振り向きながら歩み、”匂移すまでのにをぃうつぃすぃまでぃぬ”の一節では、両手でそでをすくい上げたまま振り向く《袖とり※4》の技法をもって、匂いを抒情的じょじょうてきに表現していきます。

第三曲目(入羽いりふぁ)「長恩納節ながうんなぶし」では、”白雲のかかるしらくむぬかかる”の一節で《白雲手しらくむでぃ※5》をおこなうと同時に、音楽のと違った舞踊のを生み出し、地謡じうてーと踊り手がしゃくをはずさないように息を合わせる工夫が必要となります。

恋しさや詰めてくいしさやちみてぃ”の一節では、《あごあて》の技法をもって恋うる切なさと燃える情念じょうねんを美しい手踊りであらわしながら余韻よいんを残して締めくくります。

 

角切すみきり※1》

踊り手が舞台を斜めに、下手奥したておくから上手手前うわててまえへ向かって対角線上に歩み出ること。

 

《思い入れ※2》

心に深く思いをそそぎこむ所作。

 

《あごあて※3》

首を傾け、顎に手をあてる技法。心の内にある情感をにじみ出しながら表現していきます。

 

《袖とり※4》

袖を両手ですくあいげる技法。袖に関する内容に自身の心象を映し重ねて表現していきます。

 

白雲手しらくむでぃ※5》

両手を斜め上にあげ指関節と手首をつかって波うたせる手踊りのことです。(※流派によって違いがあります)

 

出羽んじふぁ中踊りなかうどぅい入羽いりふぁ

出羽んじふぁは踊り手が登場する出の踊り。中踊りなかうどぅいは舞台中央奥で立ち直りをしたあとの本踊りを指し、入羽いりふぁは舞台下手奥に戻っていく納めの踊りのことを指します。

流派によっては、演目構成や所作が異なる場合があります。

 

補足

 

伊野波節ぬふぁぶし」の本歌

琉歌を三線にのせて歌う場合、「伊野波節ぬふぁぶし」の本歌は以下になります。

 

伊野波節ぬふぁぶし(本歌):歌詞

伊野波の石こびれにゅふわぬいしくびり 無蔵つれて登るんぞうつぃりてぃぬぶる

にやへも石こびれにやふぃんいしくびり 遠さはあらなとうさわあらな

 

伊野波の石坂道を愛しい人を連れて登っていく。
難儀な石坂道はもっと遠ければよいのに。

 

本歌と替え歌

歌詞にあわせて旋律が借用され、こうして本歌と替え歌の関係が派生したのは、古くには文献が残されているオモロの時代からであり、今日こんにちの創作舞踊にいたるまでひとつの伝統形式として成り立っています。

 

編集後記

 

人の間(ま)

舞台芸術に限ったことではなく、生活のさまざまな場面においても、心澄まさなければ見えてこない「間」というものが存在します。

何気ない日常的な会話において、身振り手振り、相手に対して心を配り、「間」を合わせたりします。
また、時間や空間には必ず隙間がうまれるように、人との間にも関係性を見定める適度な「間」が必要であると、私たちは経験的に知っています。

近すぎても遠すぎても間が悪い。
これは簡単に体得できるようなものではなく、実社会の経験、日々の自己研鑽により、ようやく身につくものであると感じています。

静寂という「間」を生み出したうえで、次に展開する演奏と踊りとの結びつきを身体全体ではかる。
琉球古典芸能が織りなす絶妙なインターバルは、人間の心に響き、奥ゆかしい美しさを感じさせてくれます。

われわれは、この人生における「間」の呼吸法を忘れてはならない。

 


 

参考文献(本)のイメージ画像
参考文献:一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考にした全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守善、波 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた精霊。
伝統芸能の継承と発展を見守りつづけています。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-舞踊
-, ,

Copyright© マブイ , 2020 All Rights Reserved.