舞踊

「天川」 - 古典舞踊/女踊り

天川節あまかーぶし(前段):歌詞

 

天川の池にあまかわぬいちに 遊ぶ鴛鴦のあすぃぶうしどぅいぬ

思ひ羽の契りうむいばぬちぢり 与所や知らぬゆすやしらん

 

天川の池にいる仲睦なかむつまじいおしどりのように、

わたしたちが深く思いあい、ちぎりを交わしたことをまだ誰も知りません。

 

仲順節ちゅんじゅんぶし(後段):歌詞

 

別れても互にわかりてぃんたげに 御縁あてからやぐいんあてぃからや

糸に貫く花のいとぅにぬくはなぬ 切りて離きゆめちりてぃぬちゅみ

 

別れることがあってもご縁があるからには、

糸で貫きとめた通した花のように二人が離れ離れになることはないでしょう。

 

天川の舞踊写真

-琉球古典舞踊 女踊り「天川」-

 

天川あまかー」:演目解説

 

あらまし

男女二人の結びつきを天川の池で仲睦なかむつまじく泳いでいるおしどりに映し重ね、鷹揚おうよう慈愛じあいのある巧みな振りと面づかいであらわしていきます。

前半は互いに結びあった縁を通してしたいあい、後半は別れを連想した言葉に男女の情愛の深さをあらわす内容で構成されています。

 

みどころ

演目は「天川節あまかーぶし」、「仲順節ちゅんじゅんぶし」の二曲で構成されます。

前段「天川節あまかーぶし」の前奏にあわせて《角切すみきり※1》で歩み基本立ちになると、”天川の池にあまかわぬいちに”の歌い出しで着物のすそを両手であげて水場にいる状態を描きます。

続く”ヒヤ テント テント”の囃子はやしでは《こねり※2》を入れながら交互に片足を出してオシドリの姿を写実的にあらわします。

また、”遊ぶ鴛鴦のあすぃぶうしどぅいぬ”の一節に続く”ヒヤ テント テント”の囃子はやしも見所の一つで上体を《なより※3》、前へ歩みながら足で調子をとって演目を色付けしていきます。

思ひ羽の契りうむいばぬちぢり”の一節ではひざをつき両手を右左にはらう所作しょさや、《指組ゆびくみ※4》の手の振りに互いに結びあった縁をしたいあいます。

後段「仲順節ちゅんじゅんぶし」の”糸に貫く花のいとぅにぬくはなぬ”の一節で胸に両手を交差させて、愛しい人へちぎりを交わす所作しょさは観る者の心を奪います。

続く”クリンデヨウ ウミサトヨ”の囃子はやしでは、右手をあげて上手先かみてさきを振り返り、しとやかに愛の余情よじょうを残しながら踊りを納めていきます。

流派によっては、演目構成や所作が異なる場合があります。

 

角切すみきり※1》

踊り手が舞台を斜めに、下手奥しもておくから上手前かみてまえへ向かって対角線上に歩み出ること。

 

舞台図

舞台図

 

《こねり※2》

手首をやわらかく、手のひらをこねるようにした動き。古来から伝わる祭祀舞踊さいしぶようの技法。

 

《なより※3》

身体全体をなよやか(柔らかに)動かす仕草。古来から伝わる祭祀舞踊さいしぶようの技法。

 

指組ゆびくみ※4》

両手の指を重ね合わせて組む手踊りの技法。

 

補足

 

天川の池

「天川節」の上句に出てくる”天川の池あまかーぬいち”は、現在の中頭郡嘉手納町なかがみぐんかでなちょう に流れる比謝川ひじゃがわの下流付近を指し、国道58号線と比謝川ひじゃがわが交差する辺りに「天川の池の碑」が建てられています。

 

天川の池の碑

天川の池の碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

歌碑に設けられている石板には、名称の由来が記されています。

比謝橋を渡り、那覇へ向かってまっすぐ行くと戦前まで石を敷き詰めた幅一間程の坂道があり、俗に天川坂(天川ビラ)と言った。

その登り口の東側、カシタ山のふもとのンブカーの西隣に、直径二尺くらいの円筒形に積み上げられた井戸が天川「天井戸(アマカー)」と言われた。

このあたりは、樹木がうっそうと繁茂し、その側を流れる比謝川で遊浴する雌雄のおしどりを見て、比謝川と天川井戸を結び付けて、約四百五十年前、赤犬子が上記の歌を詠まれたものと思われる。

(沖縄県文化財調査報告)(嘉手納町史民俗資料編)

平成8年8月30日 建立

 

※略歴

赤犬子あかいんこ(15世紀頃)
※古謡や琉歌に名前が残されているが実在について記録された文献はなく、伝説上の人物として語られている。
三線音楽の始祖とされ、尚真王の時代(在位:1477年~1526年)に琉球王朝の三線弾き(音楽家)の役職にあったとされる。
赤犬子あかいんこが晩年を過ごした読谷村楚辺よみたんそんそべに功績を讃えた赤犬子宮あかぬくー
が建てられ、毎年旧暦の9月に例祭がおこなわれている。

 

古典音楽

古典音楽のカテゴリーでは、「仲順節ちゅんじゅんぶし」の曲目について解説しています。

 

水面に仲良く浮かんだ花
「仲順節」- 古典音楽

「仲順節ちゅんじゅんぶし」:工工四   「工工四の保存・印刷について」   歌詞   別れても互にわかりてぃんたげに 御縁あてからやぐゐんあてぃからや 糸に貫く花のいとぅ ...

続きを見る

 


参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-舞踊
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.