舞踊

「若衆特牛節」 - 古典舞踊/若衆踊り

特牛節(こてい節):歌詞

 

常盤なる松のとぅちわなるまつぃぬ 変わる事無さめかわるくとぅねさみ

何時も春来りばいつぃんはるくりば 色ど勝るいるどぅまさる

 

四季を通して緑に生い茂る松は、永遠に変わることはありません。

いつものように春が来れば、ますます緑色が増すばかりです。

特牛

  • 強く大きな雄牛おうしのこと
  • 将来性のある若者を牛にたとえて

常盤

  • 春夏秋冬、一年を通して緑色に生える常緑樹じょうりょくじゅのこと

 

演目の構成

笛と太鼓による前奏がなく、三線の歌持ちから略式で入る構成もあります。

 

若衆特牛節の舞踊写真

琉球古典舞踊 若衆踊り「若衆特牛節」

 

演目:解説

 

あらまし

元服じんぷく(※1)前の若衆わかしゅが踊る演目です。

笛と太鼓の音色と共に厳粛げんしゅくなかけ声にあわせて登場します。

一年を通して葉が枯れることのない松の生命力にあやかり、これからの長い人生、未来に向けて幸先さいさきを祈る祝儀舞踊しゅうぎぶようです。

 

元服じんぷく(※1)

琉球王国時代に行われていた数え歳15歳を祝う成人の儀式。

 

みどころ

笛と太鼓の前奏と共に、首里城を思わせる鮮やかな緋色ひいろの衣装に金銀の扇を手に持っておごそかに登場します。

神聖なおもむきのある響きはその場を払い清め、りんとした空気が瞬時に舞台を包み込みます。

舞台下手奥しもておくから上手奥かみておくへ向かって直線を歩み、舞台中央に基本立ちするまでの所作に、若衆わかしゅ初々ういういしさと品格を兼ね備えた精神性をみることができます。

特牛節くてぃぶし(こてい節)」の”常盤なる松のとぅちわなるまつぃぬ”の歌い出しで、手に持つ金銀の扇を広げて幸せが末広がりに続くようにと願いを込めます。

何時も春来りばいつぃんはるくりば”の一節より扇を持ちかえ、若衆わかしゅのもつ潔白けっぱくさを表現しながら扇を巧みにあつかい、将来に向けての希望や大成を鮮やかに描いていきます。

流派によっては、演目構成や所作が異なる場合があります。

 

補足

 

若衆踊りわかしゅうどぅいの継承

現在まで継承されている古典舞踊・若衆踊りは、「若衆特牛節わかしゅくてぃぶし(こてい節)」をはじめ、「若衆麾わかしゅぜい」、「四季口節しちくどぅち」のわずか三演目になりますが、慶応2(1866)年の寅年御冠船とらどしうかんしん(※2)で演じられた若衆踊りわかしゅうどぅいは十四演目ほど踊られていた記録が残されています。(『踊番組』南島採訪記より)

 

御冠船(※2)

琉球国王の即位時に、冊封使さっぽうしみんしんの使者)を歓待する祝宴で演じられた諸芸能のことを指します。

皇帝より授けられた冠をたずさえて来航らいこうしたことから「御冠船うかんしん」という名がつき、1404年から1866年の間、計22回おこなわれました。

 

古典音楽

古典音楽のカテゴリーでは、「特牛節くてぃぶし(こてい節)」の曲目について解説しています。

 

青空の下の琉球松
「特牛(こてい)節」- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   常盤なる松のとぅちわなるまつぃぬ 変わる事無さめかわるくとぅねさみ 何時も春来りばいつぃんはるくりば 色ど勝るいるど ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-舞踊
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.