音楽

「伊野波節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

伊野波の石こびれにゅふぁぬいしくびり 無蔵つれてのぼるんぞぅつぃりてぃぬぶる

にやへも石こびれにゃふぃんいしくびり 遠さはあらなとうさわあらな

 

伊野波の石混じりの小坂を愛しい女性と一緒に登ると、

もっとこの坂が遠くまで続いてほしいと思うものである。

伊野波にゅふぁ

  • 現在の国頭郡本部町伊野波くにがみぐんもとぶちょういのはにあたる地名。港に続く入り江で、かつては停泊地としての賑わいをみせていた。

石こびれいしくびり

  • 石混じりの小坂
  • 石ころ小道の坂

無蔵んぞぅ

  • 男性が思いを寄せる女性に対して使う言葉。女性が思いを寄せる男性に対して使うときは「さとぅ」と呼ぶ。

にやへもにゃふぃん

  • もっと

あらなあらな

  • ~であってほしい

 

解説

伊野波節にゅふぁぶし」は国頭郡本部町伊野波くにがみぐんもとぶちょういのはが発祥の地で、伊野波公民館に隣接する小高い丘を登ったところに本曲の歌碑が建てられています。

一説によると、伊野波に暮らす男と山向こうに暮らす女のロマンスを描いており、二人がつかの愛を語り合ったあくる日、見送りに連れ立つ道中をつづった歌であるとわれています。

じりの小坂は鬱蒼うっそうとして険しい山道であるが、いとしい女性と連れだって登れば、もっと遠くまで続いてほしいと願うものであると、逆説的な文法を用いて別れ際の切情せつじょうみ込んでいます。

 

伊野波節の歌碑

伊野波節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

 

組踊

三千首の琉歌を収めた『標音評釈・琉歌全集/武蔵野書院版』には十三首の「伊野波節にゅふぁぶし」が集録されており、内容は生き別れの切情せつじょううたった琉歌が多くみられます。

組踊くみうどぅい(※1)の演目「二童摘討にどうてぃちうち」、「忠孝婦人ちゅうこうふじん大川敵討うーかーてぃちうち)」、「大城崩うふぐすぃくくじり」、「忠臣身替ちゅうしんみがわり」、「伏山敵討ふしやまてぃちうち」の作品では、かたきを取るために生き別れるシーンの演奏曲として「伊野波節にゅふぁぶし」の旋律が借用されています。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1719年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

略歴

玉城朝薫たまぐすくちょうくん(1684年-1734年)
首里儀保村しゅりぎぼむらに生まれる。
琉球王国の官僚で
冊封式典の踊奉行おどりぶぎょうを務める。
国劇である組踊くみうどぅいの創始者で
多くの作品を生み出す。
二童敵討にどうてぃちうち」、「執心鐘入しゅうしんかにいり」、「銘苅子みかるしー」、「孝行の巻こうこうぬまち」、「女物狂うんなむぬぐるい」を朝薫五番ちょうくんごばんと称す。

 

中昔節

伊野波節にゅふぁぶし」は古典音楽の中昔節なかんかしぶし(※1)の分類に属します。

 

中昔節なかんかしぶし(※1)

古典音楽の中でも古くから存在し、演奏時間、演奏技術ともに大曲である楽曲を大節うふぶしと呼び、創作された年代や曲想により、昔節んかしぶし大昔節うふんかしぶし中昔節なかんかしぶしに分類されます。

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは「伊野波節にゅふぁぶし」が舞踊曲として演奏される演目「伊野波節ぬふぁぶし」について解説しています。

 

伊野波節のアイキャッチ画像
「伊野波節」 - 古典舞踊/女踊り

伊野波節:歌詞   逢はぬ夜のつらさあわんゆぬつぃらさ よそに思なちやめゆすにうみなちゃみ 恨めても忍ぶうらみてぃんしぬぶ 恋の習ひやくいぬなれや   訳 逢えない夜は辛いこと、あ ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.