音楽

「長恩納節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

逢はぬ徒らにあわんいたぢらに 戻る道すがらむどぅるみちすぃがら

恩納岳見ればうんなだきみりば 白雲のかかるしらくむぬかかる

恋しさやつめてくいしさやつぃみてぃ 見欲しやばかりみぶしゃばかゐ

 

逢うこともできず空しく戻る道の途中、

恩納岳を見ると白い雲がかかっており、

恋しさが増して一目会いたい思いはつのるばかりです。

恩納岳うんなだき

  • 国頭郡恩納村瀬良垣くにがみぐんおんなそんせらかき国頭郡金武町伊芸くにがみぐんきんちょういげいに境界をなす標高363メートルの山

つめてつぃみてぃ

  • ますます
  • 積もり積もって

 

解説

長恩納節ながうんなぶし」は叶わぬ恋の切なさに寂莫せきばくとした女性の胸中をみ込んだ歌曲です。

愛しい人に会えない鬱々うつうつとした心内を白い雲に隠れてしまった恩納岳に映し重ねて描かれています。

一般的に琉歌は上句〔八・八]、下句〔八・六]の計三十音の定律で構成されますが、「長恩納節ながうんなぶし」は八音を二つ足した長歌形式でまれていることがその名に由来します。

 

恩納岳

恩納岳

 

補足

 

原歌

長恩納節ながうんなぶし」は古典舞踊「伊野波節ぬふぁぶし」の演奏曲として構成されており、演目後段の「恩納節うんなぶし」の内容に紐づける形で歌われていますが、もともとは以下の歌詞を原歌としてまれたものであるとわれています。

 

長恩納節ながうんなぶし

首里みやだいりすまちしゅいめでいすぃまち 戻る道すがらむどぅるみちすぃがら

恩納岳見ればうんなだきみりば 白雲のかかるしらくむぬかかる

恋しさやつめてくいしさやつぃみてぃ 見ぼしやばかりみぶしゃびけい

 

首里王府の勤務を終えて(故郷へ)帰る道の途中、

恩納岳を見ると白い雲がかかっており、

(故郷、家族への)恋しさが増して、見たい(会いたい)思いはつのるばかりである。

首里みやだいりしゅいめでい

  • 国王の御所
  • 宮内裏みやだいり = 国王の私的な居住区(空間)

すまちすぃまち

  • 済まして
  • 終えて

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは、「長恩納節ながうんなぶし」が舞踊曲として演奏される「伊野波節ぬふぁぶし」の演目について解説しています。

 

伊野波節のアイキャッチ画像
「伊野波節」 - 古典舞踊/女踊り

伊野波節:歌詞   逢はぬ夜のつらさあわんゆぬつぃらさ よそに思なちやめゆすにうみなちゃみ 恨めても忍ぶうらみてぃんしぬぶ 恋の習ひやくいぬなれや   訳 逢えない夜は辛いこと、あ ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.