音楽

「ちるれん節」- 古典音楽

ちるれん節ちるりんぶし:工工四

 

 

歌詞

 

子孫そろてくわうんまがするてぃ 願たことかなてにがたぐとぅかなてぃ

大主の百歳うふぬしぬひゃくせ お祝しゃべらうゆわぇしゃびら

 

子や孫が揃って、願ったことが叶い、

大主うふぬしの百歳をお祝いしましょう。

大主うふぬし

村の頭。

琉球王府が制定した序列において、最も位の高い身分に位置(王族を除く)し、領地の頭の座に就くもの。

 

曲目解説

ちるれん節ちるりんぶし」は、子と孫に囲まれながら百歳の長寿を迎えることが出来たよろこびをしゅくしてまれた歌曲です。

節名の”ちるれんちるりん”の由来は、風車かじまやーが廻る様子を表現した擬音語で、沖縄では長寿を迎えると再び童心に帰るとされたことから、幼子のおもちゃである風車かじまやーを持たせてお祝いをする風習にちなんでいます。

各地域の年中行事では、古くより「長者の大主ちょうじゃのうふしゅ」と呼ばれる祝賀芸能が演じられてきました。

長老(おきな)が子と孫を引き連れて舞台に上がり、健康長寿、子孫繁栄、五穀豊穣の祝言しゅうげんを述べたあと、子や孫たちの祝賀の踊りをはじめ様々な演目を披露します。

この「長者の大主ちょうじゃのうふしゅ」を組踊にアレンジした「辺戸の大主へどのうふぬし」の演目に「ちるれん節ちるりんぶし」が編成されています。

 

風車

風車(かじまや)

 

補足

 

年日とぅしびー

12年ごとにめぐってくる生まれ干支を節目として、計8回の生年祝いをおこないます。

沖縄ではもともと生まれ年を厄年とする考えから、無病息災むびょうそくさいを祈願する意味が込められています。

 

生年祝い

  • 13歳(ジューサンユーエー)
    未来に向けて幸先を祈る。早婚だった頃、女の子は生家で迎える最初で最後のトゥシビーになるため盛大におこなわれる風習がある。
  • 25歳(ニジューグヌユーエー)
    特別に祝う習慣はないが、災厄の祈願をおこなう。
  • 37歳(サンジューシチヌユーエー)
    特別に祝う習慣はないが、災厄の祈願をおこなう。
  • 49歳(ククヌトゥグンジュー)
    この年は大厄とされていた。災厄の祈願をおこなう。名前のククヌトゥグンジューは「九・五十」に由来するが解釈ははっきりしていない。
  • 61歳(ルクジューイチヌユーエー)
    親戚縁者や知人を招いて還暦のお祝いをすることが多い。
  • 73歳(ナナジューサンヌユーエー)
    親戚縁者のみで食事をおこなう程度に済ませ、長寿をお祝いすることが多い。
  • 85歳(ハチジューグヌユーエー)
    親戚縁者や知人を招き、大きな宴席を設けて長寿をお祝いする。
  • 97歳(カジマヤー)
    親戚縁者や知人はじめ、町内をあげて盛大な祝宴が開かれる。97歳に掛けて、旧暦の9月7日にお祝いする決まりがある。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.