音楽

「述懐節」(二揚調・下出し)- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

いな昔なるゑいなんかしなるゐ あはれ語らたるあわりかたらたる

なれしい言葉のなりしいくとぅばぬ くたぬうちにくたんうちに

 

もう昔のことになってしまったか、(別れの)悲しみを語り合ったのは。

馴れ親しんだ言葉はいまちていないのに。

いないな

  • 早や
  • もう

あはれあわり

  • 哀れ
  • 悲しみ

なれしいなりしい

  • 馴れた
  • 馴れ親しんだ
  • 聴き慣れた

くたぬくたん

  • 朽ちていない

 

解説

述懐節しゅっくぇーぶし」(二揚調にあぎちょう下出しさぎんぢゃし)は人生老境に入り月日が経つ早さを感じながら若かりし日の思い出を懐古かいこしてまれた歌曲です。

本曲は〔下出しさぎんぢゃし〕の演奏技法を用いて歌い出しの音程を低くすることで哀調ある曲想に仕立てられており、また、三線の中弦なかぢるを一音あげたニ揚調にあぎちょう(調弦法)で演奏することにより悲哀の情感が一層深く表現されています。

人間やがて訪れる「老い」のうれいと葛藤かっとうしながら、静かにわが人生を振り返っていく様子が描かれています。

 

懐古(イメージ)

懐古(イメージ)

 

補足

 

舞踊演目

古典舞踊(他)のカテゴリーでは「述懐節しゅっくぇーぶし」(二揚調にあぎちょう下出しさぎんぢゃし)が舞踊曲として演奏される「本花風むとぅはなふぅ」について解説しています。

 

本花風のアイキャッチ画像
「本花風」 - 古典舞踊/女踊り

本花風節:歌詞   三重城にのぼてみぐすぃくにぬぶてぃ 打ち招く扇うちまにくあをぅぢ またもめぐり来てまたんみぐりちてぃ 結ぶ御縁むすぃぶぐゐん   訳 三重城にのぼって(出船)に ...

続きを見る

 

また、雑踊りぞううどぅい(※1)の「花風はなふぅ」では「花風節はなふぅぶし」の”ちらし”として本曲の旋律が演奏されており、演目全体を通してより一層深みのある曲想に仕立てられています。

 

雑踊りぞううどぅい(※1)

明治16年(1883)頃、琉球芸能が初めて入場料を取って興行こうぎょうがおこなわれて以来、芝居小屋で創作振り付けられた近代の舞踊。

琉球王朝が崩壊した後、歓待芸能を職としていた者が率いて踊りを披露していました。

 

述懐節しゅっくぇーぶし二揚調にあぎちょう下出しさぎんぢゃし)- 舞踊:花風はなふぅ

朝夕さもお側あさゆうさんうすば 拝みなれ染めのをぅがみなりすみぬ

里や旅しめてさとぅやたびしみてぃ いきやす待ちゆがいちゃすぃまちゅが

 

朝夕いつもお側にいて、お姿を馴れ親しんでおりましたのに

あなたが旅に出て行かれて、私はどうしてお待ちしましょうか。

 

音の調子

述懐節しゅっくぇーぶし」の節名がつく楽曲は本調子ほんちょうしニ揚調にあぎちょうなど、音の調子を種々に編成し、それぞれが独立した歌曲として愛唱されてきました。

 

暁の鳥
「述懐節」(本調子)- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   さらばたち別らさらばたちわから よそ目ないぬうちにゆすみねんうちに やがて暁のやがてぃあかつぃちぬ とりも鳴きゆらと ...

続きを見る

面影(手をつないだシルエット)
「述懐節」(ニ揚調)- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   拝でなつかしやをぅがでぃなつぃかしや まづせめてやすがまづぃしみてぃやすぃが 別ておもかげのわかてぃうむかぢぬ たた ...

続きを見る

夕日に佇む老人
「述懐節」(本調子・下出し)- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   いな昔なるゑいなんかしなるゐ あはれ語らたるあわりかたらたる なれしい言葉のなりしいくとぅばぬ くたぬうちにくたんう ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.