音楽

「花風節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

三重城にのぼてみぐすぃくにぬぶてぃ 手巾もちやげればてぃさぢむちゃぎりば

はやふねのならひやはやふにぬなれや 一目ど見ゆるちゅみどぅみゆる

 

三重城に上って手ぬぐいを振って見送ると、

船足は速く、一目しかみえず(瞬く間に行ってしまった)。

三重城みぐすぃく

  • 沖縄県那覇市にある城砦跡じょうさいあと。対岸にある屋良座盛築城やらざもりぐしく(1554年)の後に築かれたので新城とも呼ばれている。明治から大正にかけて長堤ちょうていの部分は埋め立てられ現在の地勢ちせいになる。

 

三重城跡

三重城跡

三重城より那覇港を望む

三重城より那覇港を望む(戦前) - 提供:那覇市歴史博物館

 

解説

花風節はなふぅぶし」は旅立つ船に愛する人との別離の哀情あいじょうを映し重ねてまれた歌曲です。

三重城は琉球王国時代より貿易港として栄えた那覇港北岸の沖合に築かれ、外敵から防衛するための城塞じょうさいの役割を担っていました。

やがて世の中も平和になると、海に突き出た長堤ちょうていは船を見送る送迎場として利用されるようになります。

旅立ちの別れはあっという間に過ぎ去り、惜別せきべつの思いで打ち振るう手ぬぐいもむなしく、愛する人を乗せた船が海の彼方に消えてゆく情景じょうけいが浮かんできます。

旅の安全を祈願して織られた手ぬぐいを想いの手巾うむいぬてぃさーじと呼び、また、家族兄弟の旅の安全を祈願して織られた手ぬぐいを思姉妹手巾うみなゐてぃさーじと呼んでいたそうです。

琉球舞踊の「花風はなふぅ」では、花模様に染めた花染手巾はなずみてぃさぢが小道具として使われています。

 

三重城港からの景色

港からの夕景

 

補足

 

節名の由来

花風節はなふぅぶし」は「本花風節むとぅはなふぅぶし」から派生した歌曲で、一説によると知念績高ちねんせっこうが辻に行った際、芸妓(尾類じゅり)が弾く「本花風節むとぅはなふぅぶし」のくずれに手を加えて創作された歌曲であるとわれています。参考:『琉球の音楽芸能史 /民俗芸能全集刊行会』

また、「本花風節むとぅはなふぅぶし」が士族の女性の胸中をみ込んでいるのに対し、「花風節はなふぅぶし」は辻の芸妓(尾類じゅり)の胸中をみ込んでいることから別名「尾類小風じゅりぐゎーふぅ」と呼ばれています。

 

略歴

知念績高ちねんせっこう(1761-1828)
沖縄県那覇市首里桃原町に生まれる。
湛水流たんすいりゅう奥平朝昌おくだいらちょうしょうに師事し、その後、屋嘉比朝寄やかびちょうきの「当流」を豊原朝典とよはらちょうてんより学ぶ。
のちに屋嘉比工工四やかびくんくんしー(117曲)に46曲を追加し、芭蕉紙工工四ばしょうしくんくんしーを完成させる。
弟子には、安冨祖流あふそりゅうを創設した安冨祖正元あふそせいげんや野村流を創設した野村安趙のむらあんちょうがいる。
二回にわたり琉球王府の楽師を務めた。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.