音楽

「そんばれ節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

1.

今年から始まるくとぅしからはじまる 下原の踊りすんばれぬをぅどぅゐ

二才ばかいすだしてにせばかゐすぃだしてぃ 踊らし舞らしをぅどぅらしもうらし

前結びもかたけさまもまゐむすぃびんかたきさまん つやうきよらさつょうつょうらさ

2.

鶴と亀との齢やつぃるとかみとぅぬゆわゐや 千年万年しんにんまんにん

わぬも年くらべてわぬんとぅしくらびてぃ 幾世までもいくゆまでぃん

子孫さもくぁあまぐさん もたへさかていむてゐさかてゐ

 

1.

今年から始まる下原の踊り

若者を装わせ踊らせ舞らせて

前結びも欹髻かたかしらも清らかで美しい

2.

鶴と亀の年齢は千年万年も続くが

私も年齢を比べると、いつまでも(長い生きをして)

子孫の繫栄を願いたい

下原すんばれ

  • かつて西表島の西部に位置した祖納そない集落の小地区

二才にせ

  • 青年
  • 若者

かいすだしてかゐすだしてぃ

  • 飾り立て
  • 装い

かたけさまかゐすだしてぃ

  • 欹髻かたかしら = 明治以前の琉球王国時代、成人男性が頭頂部の髪の毛を中剃し、周辺の髪の毛を小さくまとめて結った髪型。

きよらさつょうらさ

  • 清らか
  • 美しい

もたへさかていむてゐさかてゐ

  • 繁栄
  • 繁盛

 

解説

活力あふれる若者の清廉せいれんな舞いに長い人生の幸先さいさきを願い、長寿の象徴である鶴と亀にあやかり健康長寿・子孫繁栄を祈願してまれた歌曲です。

そんばれ節すんばれぶし」は西表島いりおもてじまの西部に位置する下原すんばれ祖納そない集落の一地区)が発祥の地で、五穀豊穣ごこくほうじょう無病息災むびょうそくさいを祈願する伝統行事の奉納芸能として代々継承されてきました。

本曲の原歌となる「下原節そんばれぶし」は歌詞の内容が異なり、家庭の夫婦円満をいた教訓的な歌曲となっています。

 

鶴と亀

鶴と亀

 

補足

 

舞踊演目

そんばれ節すんばれーぶし」は「黒島節くるしまぶし」、「浮島節うきしまぶし」の組み合わせで演奏されることがあり、子孫繁栄、長寿を寿ことほぐ祝儀舞踊「松竹梅すーちくべー(鶴亀)」では鶴と亀の舞いの演奏曲として構成されています。

松竹梅すーちくべー(鶴亀)」は玉城盛重たまぐすくせいじゅうによって三つの型(松竹梅)が創作され、その後、おいにあたる玉城盛義たまぐすくせいぎが”鶴亀”の踊りを加えて現在の型(松竹梅鶴亀)になりました。

当初、”鶴亀”のシーンは「黒島節くるしまぶし」と「そんばれ節すんばれーぶし」の二曲で演奏していましたが、演奏時間が長いこともあり「鶴亀節」の一曲に変えた経緯がります。

しかし、現在も流派によっては「黒島節くるしまぶし」と「そんばれ節すんばれーぶし」で踊る団体もあります。

 

略歴

玉城盛重たまぐすくせいじゅう(1868-1945)
沖縄県那覇市首里に生まれる。
近代の沖縄芸能の大化であり、古典正統継承者。
代表する作品には、「谷茶前節たんちゃめーぶし」、「浜千鳥はまちどり」、「むんじゅる」、「貫花ぬちばな」、「花風はなふう」、「加那ヨーかなよー」、「あやぐ」、「松竹梅しょうちくばい」、「金細工かんぜーくぅ」、「川平節かびらぶし」がある。

 

略歴

玉城盛義たまぐすくせいぎ(1889-1971)
沖縄県那覇市下泉町に生まれ、玉城盛重たまぐすくせいじゅうおいにあたる。
沖縄芸能連盟「梅」劇団の副団長、劇団「ときわ座」の顧問、「乙姫劇団」の指導、玉城盛義琉舞研究所を発足し、沖縄芸能の復興と琉球古典芸能の保存継承に尽力する。
代表する作品には、「戻り籠もどりかご」、「松竹梅しょうちくばい鶴亀つるかめ)」がある。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.