音楽

「のんふり節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

笠に音たててかさにうとぅたてぃてぃ 降たる夏ぐれもふたるなつぃぐりん

なまやうちはれてなまやうちはりてぃ てだど照よるてぃだどぅてぃゆる

 

笠に音を立てて降っていた夏の雨も、

今は晴れ上がり太陽が照り輝いている。

夏ぐれなつぃぐり

  • 夏の雨
  • カタブイ = 局地的な豪雨

なまなま

てだてぃだ

  • 太陽

 

解説

のんふり節ぬんふゐぶし」は一時的な夏の通り雨が過ぎ去り、からっと晴れた空に泰平たいへいの世を映し重ねてまれた歌曲です。

沖縄では古くより太陽に祈りを捧げてきた歴史があり、自然への畏敬いけいの念を重んじてきた人々の豊かな心を表現しています。

のんふり節ぬんふゐぶし」の歌詞は「湊くり節」、「黒島節」など古典音楽では好んでまれている琉歌です。

 

通り雨(スコール)

通り雨(スコール)

 

補足

 

楽曲について

のんふり節ぬんふゐぶし」に関する史料が乏しいため、節名の由来やどのような系譜を辿ってきたのかは定かではありません。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.