音楽

「作タル米節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

ことし作たる米やくとぅしつぃくたるめーや すす玉のごとすぃすぃだまぬぐとぅ なよんさめなゆんさみ

はいの風おせばふぇぬかじうしば にしのあぶし枕にしぬあぶしまくら

 

今年に作った米はまるで数珠じゅず玉のようだ

南風が吹けば北のあぜを枕にする

すす玉すぃすぃだま

  • 数珠じゅずの玉

数珠玉じゅずだまというイネ科の植物に由来している説もある。

はいの風ふぇぬかじ

  • 南風

にしにし

  • 北の方角

あぶし枕あぶしまくら

  • あぜを枕にする
  •  

 

解説

作タル米節つぃくたるめーぶし」は南風に吹かれて波打つ稲穂の美しい田園風景に一年の豊作を祝してまれた歌曲です。

稲穂が数珠玉じゅずだまのように大きくみのり、田んぼの間に土を盛り上げてつくったあぜこうべを垂らしている情景が描かれています。

沖縄では暖かい気候を活かして年に二回(二期作)お米の収穫がおこなわれ、品種によって異なりますが一期目は6月頃、二期目は11月頃に稲の刈り取りを迎えます。

 

畦道に垂れる稲穂

畦道に垂れる稲穂

 

補足

 

年中行事

古くより沖縄では農作物の生産と結びついた季節の変わり目に豊年祭をはじめとした年中行事が催されてきました。

旧暦の五月、六月(新暦6月~7月頃)は稲の大祭といって琉球王国制定の神祭日にあたり、盛大な祭りが代々おこなわれてきました。

現代に比べて農業技術が発達していなかった当時は国をあげて稲作の生育を見守ってきた歴史があり、そのような時代を生きた人々が願う豊作への喜びは一入ひとしおであったことでしょう。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.