舞踊

「揚作田節(揚作田)」 - 古典舞踊/二才踊り

2020年4月18日

揚作田節あぎつぃくてんぶし(前段):歌詞

 

二葉から出でてふたふぁからいんぢてぃ 幾年が経たらいくとぅしがふぃたら

巌を抱き松のいわをぅだちまつぃぬ もたえ美らさむていちゅらさ /\

 

二葉からしょうじて(育って)、幾年いくとしったのだろう。

大きな岩を抱くまでに茂った松の美しいことよ。

 

二葉

発芽して最初に出る二枚の葉のことを指します。

また、「物事の初め」、「幼少の頃」のように言葉を形容して使われます。

 

岩から生える二葉の画像

二葉

 

伊集早作田節いじゅはいつぃくてんぶし(後段):歌詞

 

蘭の匂い心らんぬにをぅいくくる 朝夕思みとまれあさゆうみとぅまり

何時までも人のいちまでぃんふぃとぅぬ 飽かぬ如にあかんぐとぅに /\

 

らんの匂い(香り)のように朝夕心にめて、

いつまでも人にきられないよう。

 

 らん 

南極をのぞいた熱帯から寒帯までの広範囲に分布している植物で、人工的に生育した交配種を含めると10万種もの種類が存在します。

これらのラン科の種を総称してらんと呼び、沖縄の名護市に自生する名護蘭なごらんをはじめ、島々には100種余りの原種が生息しています。

 

名護蘭(ナゴラン)の画像

名護蘭(ナゴラン)

 

画像準備中のイラスト

画像準備中です。もうしばらくお待ちください。

 

揚作田節あぎつぃくてんぶし揚作田あぎつぃくてん)」:演目解説

 

あらまし

演目は、古典音楽の「揚作田節あぎつぃくてんぶし」を軸に振り付けられた「扇子舞」、「長刀踊り」、「ぜい踊り」などを総称そうしょうします。

「扇子舞」は、「揚作田節あぎつぃくてんぶし」と「伊集早作田節いじゅはいつぃくてんぶし」の二曲で構成され、両手に扇子を持って演じられる祝儀舞踊しゅうぎぶようです。

「長刀踊り」は、組踊による仇討あだうちの場面を琉球舞踊として独立させた演目で、「揚作田節あぎつぃくてんぶし」の一曲に長刀(薙刀なぎなた)を持って演じられます。

その他、ぜい合戦時かっせんじに武将が指揮をとるために用いた道具)を持って演じられる「ぜい踊り」もこの演目に含まれます。

 

古典舞踊の位置づけ

『古典琉球舞踊の型と組踊五組』(参考文献:一覧)によると、「扇子舞」、「長刀踊り」は近世になってから振り付けられた舞踊であると記してあります。

また、同書の演目解説では、阿波連本啓あはれんほんけい師によって琉球古武道の「鎌の手」を舞踊化した「揚作田節あぎつぃくてんぶし揚作田あぎつぃくてん)」が写真と共に掲載されています。

演目自体は古典の様式を踏襲とうしゅうし、また「ぜい踊り」は琉球王国時代より継承されているため、本サイトにおいては古典舞踊の二才踊りにーせいうどぅいとして紹介します。

 

※略歴

阿波連本啓あはれんほんけい(1903-2001)
沖縄県那覇市首里に生まれる。
阿波連本流啓扇会啓舞踊研究所会長
勲五等瑞宝章、沖縄文化連盟功労賞
代表する作品に「綱曳」、「築城」、「鏡」、「出陣」などがある。

 

みどころ

この演目は、複数の舞踊形式を内包ないほうしているため本文では近年によく演じられている「揚作田節あぎつぃくてんぶし」と「伊集早作田節いじゅはいつぃくてんぶし」の二曲で構成される「扇子舞」を記していきます。

前段「揚作田節あぎつぃくてんぶし」の前奏で、舞台下手奥しもておくから上手奥かみておくへ直線を歩み、舞台中央で基本立ちになると、”二葉から出でてふたふぁからいんぢてぃ”の歌い出しより両手に持つ扇子せんすを優美にあつかいながら人生を寿ことほぎ、演じていきます。

巌を抱き松のいわをぅだちまつぃぬ”の一節では、両手に持つ扇子せんすを前方に出して抱きかかえるように交差させ、岩を抱いた美しい松の情景じょうけい写実的しゃじつてきに描いていきます。

次の反復句はんぷくく(※1)までの間奏部では、扇子を閉じて踊る一連の振りで演目にいろどりをつけ、”もたえ美らさむていちゅらさ”の一節で、斜めに扇子をはためかせて壮麗そうれいおもむきを演出していきます。

後段「伊集早作田節いじゅはいつぃくてんぶし」は、”蘭の匂い心らんぬにをぅいくくる”の一節で両手の扇子せんすを頭上にかざして花に見立て、”朝夕思みとまれあさゆうみとぅまり”の一節では扇子せんすを左右になびかせながららんの香りの奥ゆかしさを表現していきます。

全体を通してテンポの良いリズムに足拍子あしびょうしをとりながら、二才踊りの精悍せいかんさをもって踊りを納めていきます。

 

反復句はんぷくく(※1)

旋律、句を繰り返すことを指します。

物語性を強調したり、楽曲のまとまりをよくするために使われます。

流派によっては、演目構成や所作が異なる場合があります。

 

補足

 

字兼城あざかねぐすく二才踊りにーせいうどぅい揚作田あぎつぃくてん

沖縄県南城市南風原町なんじょうしはえばるちょうに伝わる「字兼城あざかねぐすく二才踊りにーせいうどぅい揚作田あぎつぃくてん」は、「御冠船踊りうかんしんうどぅい(※2)」として、旧暦の八月十五日におこなわれる村遊びむらあしびー(村の芸能、行事)で伝承され、無形民俗文化財に指定されています。

両手にぜいを持ち、腰を深く入れた構え、活発な足の運び、力のこもったぜいの手の振りなど、全体として動きが力強く大らかなところは、いかにも伝統の古さを感じさせる踊りとなっています。「揚作田節あぎつぃくてんぶし」に次の歌詞で踊られる。

 

揚作田節あぎつぃくてんぶし:歌詞

 

常磐なる松の 変ること無いさめ

いつも春くれば 色どまさる

 

(引用:南風原町役場(南風原バーチャル博物館)より

 

「御冠船踊り(※2)」

琉球国王の即位時に、冊封使さっぽうしみんしんの使者)を歓待する祝宴で演じられた諸芸能のことを指します。

みんしんの時代の皇帝より授けられた冠をたずさえて来航らいこうしたことから「御冠船うかんしん」という名がつき、1404年から1866年の間、計22回おこなわれました。

 


 

参考文献(本)のイメージ画像
参考文献:一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考にした全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守善、波 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた精霊。
伝統芸能の継承と発展を見守りつづけています。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-舞踊
-,

Copyright© マブイ , 2020 All Rights Reserved.