音楽

「与儀前ん田節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

うちならしならしうちならしならし 四つ竹はならちゆつぃだきならち

今日や御座出てきゆやうざいんぢてぃ 遊ぶうれしやあすぃびうりしゃ

 

打ち鳴らし、鳴らし四つ竹を鳴らして、

今日は晴れの舞台に出て踊ることのなんと嬉しいことよ。

四つ竹ゆつぃだき

  • 約10~15センチに切った竹材に朱色を塗り、飾り紐で二つの竹片をつないだ小道具(伴奏楽器)。”カチカチ”と二つの竹を打ち合わせて演奏し、両手あわせて四枚の竹片を使用していることからその名が付く。

御座うざ

  • 身分の高い人がおいでになる席

 

解説

高尚こうしょうなお座敷に四つ竹のおもむきのある音色が響き、晴れの舞台で優雅に踊る舞手の心情をみ込んだ歌曲です。

一説によると「与儀前ん田節ゆーじめーんたぶし」の節名の由来は、現在の那覇市与儀なはしよぎに住んでいた由緒ある家系「前ん田」の名から命名されたもので、同家の繁栄をしゅくして歌にしたのが本節であるとわれています。

参考:『嗣周・歌まくら/那覇出版社』

 

四つ竹(楽器・小道具)

四つ竹(楽器・小道具)

 

補足

 

舞踊演目

御座うざにふさわしく格調かくちょうある本歌詞は「港原節んなとぅはらぶし」をはじめ「宮城こはでさ節みゃーぐすぃくくふぁでぃさーぶし」など古典音楽ではよく好んでまれている琉歌です。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.