音楽

「武富節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

すんねくりふねのすぃんにくゐふにぬ 行きゆる渡海やればいちゅるとぅけやりば

今日や行ぎ拝できゆやんぢをぅがでぃ 明日や来ゆすがあちゃやちゅしが

 

くり舟で渡って行ける海であれば、

今日に行ってお会いし、明日には帰ることが出来るのだが。

すんねくりふねすぃんにくゐふに

  • すんねすぃんに = 丸木舟  『標準語引分類方言辞典/東京堂出版』
  • くり舟くゐふにも同じ意味で、丸太をり抜いて造られた小舟。同じ意味を持つ言葉をつないで連語表現としている。

渡海とぅけ

  • 海を渡る

 

解説

武富節だきどぅんぶし」は八重山諸島やえやましょとう竹富島たけとみじまが発祥の地で、現地に伝わる八重山民謡「マザカイ節」が原歌であるとわれています。

かつて八重山諸島に住む島の人々は琉球王府が徴収する人頭税(税金)を工面するため、西表島いりおもてじまへ強制移住を課され、一から水田を開墾してお米作りをおこなってきた背景があります。

「マザカイ節」はこの時、恋人を残して離れ離れになった真栄まざかいという名の男の切情せつじょうみ込んだ歌とされています。

このことを踏まえ「武富節だきどぅんぶし」が創作された背景は、島々をつなぐ航路を”渡りがたい恋路”(離れて会えない現状)に例えてみ込んだ歌曲ではないかと考えます。

 

海に浮かぶ舟

海に浮かぶ舟

 

補足

 

舞踊演目

武富節だきどぅんぶし」は「南嶽節なんだきぶし」と組み合わせで、娘の恋心を晴れやかに踊る雑踊りぞううどぅい(※1)「貫花ぬちばな」の演奏曲として構成されています。

 

雑踊りぞううどぅい(※1)

明治16年(1883)頃、琉球芸能が初めて入場料を取って興行こうぎょうがおこなわれて以来、芝居小屋で創作振り付けられた近代の舞踊。

琉球王朝が崩壊した後、歓待芸能を職としていた者が率いて踊りを披露していました。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.