音楽

「カンキヤイ節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

かたき討ち取たるかたちうちとぅたる けふのほこらしややきゆぬふくらしゃや

すぎし按司添もすぃじしあじすゐん うれしやめしやいらうりしゃみしぇら

 

敵を討ち取った今日のお目出度めでたい日を

過ぎ去りし(亡くなられた)按司添あじすゐもお喜びになってくださるだろう。

けふきゆぬ

  • 今日

ほこらしやふくらしゃ

  • よろこび = おめでたい、縁起が良い事柄

按司添あじすゐ

  • 按司あじ = 国王の親族に位置する特権階級。各地域を領地として与えられ自陣じじんの領地の名をとって家名にするならわしがある。
  • すゐ = 治めるという意味を持つ語句。名前の敬称に使用される。参考:『浦添考/伊波普猷』

 

解説

親の敵討かたきうちを見事に果たした若按司わかあじ積年せきねんの思いをみ込んだ歌曲です。

最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)には「加武喜屋江節かんちゃいぶし」の字があてられ、琉球王国の泰平たいへいうたった琉歌ニ首が収められています。

カンキヤイ節かんちゃいぶし」の節名は囃子の”カンチャヰ”より命名したものですが、言葉の由来については明らかになっていません。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

称号しょうごう位階いかい

15世紀頃より、琉球王府りゅうきゅうおうふ位階いかい制度と呼ばれる身分の序列じょれつを制定し、18世紀になると「九品十八階」の制度が確立されました。

按司あじは国王の親族に位置する特権階級で、若按司わかあじ按司あじにあたります。

各地域を領地として与えられ、自陣じじんの領地の名をとって家名にするならわしでありました。

王族の「按司あじ」、「若按司わかあじ」は最上位に位置しますが「九品十八階」には含まれないため、「大主うふぬし」が最も上の位階いかいに位置し、「しー」は一般士族の品外となります。

当時は、身に着ける冠(ハチマチ)やかんざし(ジーファー)の色や素材によって等級、身分を区別していました。

 

敵討ちに勝利(イメージ)

敵討ちに勝利(イメージ)

 

補足

 

組踊

カンキヤイ節かんちゃいぶし」の歌詞は敵討かたきうちをテーマとした組踊くみうどぅい(※2)の演目終盤で歌われていますが、楽譜は「立雲節たちくむぶし」、他「ヨシヤイノウ節ゆしゃいのーぶし」の旋律で演奏されます。

 

組踊くみうどぅい(※2)

琉球王国時代の1719年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.