音楽

「宮城こはでさ節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

打ち鳴らし鳴らしうちならしならし 四つ竹は鳴らちゆつぃだきはならち

今日や御座出てきゆやうざいんじてぃ 遊ぶ嬉しやあしぶうりしゃ

 

打ち鳴らし、鳴らし四つ竹を鳴らして、

今日は晴れの舞台に出て踊ることのなんと嬉しいことよ。

四つ竹ゆつぃだき

  • 約10~15センチに切った竹材に朱色を塗り、飾り紐で二つの竹片をつないだ小道具(伴奏楽器)。”カチカチ”と二つの竹を打ち合わせて演奏し、両手あわせて四枚の竹片を使用していることからその名が付く。

御座うざ

  • 身分の高い人がおいでになる席

 

解説

宮城こはでさ節なーぐすぃくくふぁでぃさーぶし」は高尚こうしょうなお座敷で優雅に踊る舞手の晴れがましい心の内をみ込んだ歌曲です。

四つ竹の清らかにんだ音色が響き渡り、宮廷をび起こすよう美しい世界のひろがりをみせてくれます。

格式のある舞台で踊るときは終始つつましやかな振る舞いが求められ、足を高く持ち上げたり足音を立てないように気を付けていたそうで、今日の御座の歩き方はこの作法をもってり足で歩くようになっています。参考:『嗣周・歌まくら/那覇出版社』

 

四つ竹(小道具)

四つ竹

 

補足

 

由来

宮城こはでさ節なーぐすぃくくふぁでぃさーぶし」は古い史料を探しても節名が見当たらず、由来については明らかになっていませんが、一説によると「屋慶名こはでさ節やきなくふぁでぃさーぶし」が宮城島みやぎじまに伝わり、のちに節を変えて継承された歌であるとわれています。参考:『嗣周歌まくら/那覇出版社』

また、節名の読みは宮城 = 「なーぐすぃく」と呼ばれており、これは「みや」→「にや」→「なー」に転訛てんかしていったものと考えられます。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.