音楽

「七尺節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

七読と二十読ななゆみとぅはてん 綛かけておきゆてかすぃかきてぃうちゅてぃ

里が蜻蛉羽さとぅがあけずぃば 御衣よすらねんしゅゆすぃらに

 

七読ななゆみ二十読はてんの糸を糸巻きに巻いて(機織に)設置し、

愛しいあなたのためにとんぼの羽のように美しい着物を織って差し上げましょう。

七読と二十読ななゆみとはてん

  • ゆみ」とは織り機に掛ける糸の本数を示した単位で、80本を一読ちゅゆみとし、七読ななゆみ二十読はてんの単位を示す。

綛かけかすぃかき

  • つむいだ糸をH型の枠に巻き取って綛の状態(扱いやすく束ねる)にした後、機織はたおりに設置する糸巻きに必要な長さの糸を巻き付ける作業工程を指します。

蜻蛉羽あけずぃば

  • トンボの羽

 

解説

七尺節しちしゃくぶし」はトンボの羽のように薄くて上質な着物を織って差し上げたいと、愛しい人を思う女性の慕情ぼじょうみ込んだ歌曲です。

かつて沖縄の女性は庭に植えてある苧麻ちょま糸芭蕉いとばしょう)から繊維をぎとって糸をつむぎ、着物に仕立てるまでのすべての工程を手仕事でおこなっていました。

暑い夏を過ごすために薄くしなやかに織られた生地は風通しが良く、トンボの羽のように美しい着物は涼しさの印象と重なり、古くから人々の心を魅了してきました。

 

蜻蛉(とんぼ)の羽

蜻蛉(とんぼ)の羽

 

補足

 

節名について

一説によると、本曲は「七読節ななゆみぶし」という節名が本来であったが、いつしか誤って伝承され、「七尺節しちしゃくぶし」と呼ばれるようになったとわれています。

琉球古典音楽は歌詞に含まれる言葉を節名に命名することが多く、『標音評釈・琉歌全集/武蔵野書院版』には「恩納節うんなぶし」、「伊野波節にゅふぁぶし」をはじめ45曲もの歌曲が適用されています。

 

組踊

三千首の琉歌を収めた『標音評釈・琉歌全集/武蔵野書院版』には十六首の「七尺節しちしゃくぶし」が収録されており、悲恋を中心にまれた琉歌が収められています。

組踊くみうどぅい(※1)の演目では、「執心鐘入しゅうしんかにいり」、「手水の縁てぃみじぬいん」をはじめ、おもに愛する人のもとへ向かう道行の場面で「七尺節しちしゃくぶし」が演奏されます。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1719年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

略歴

玉城朝薫たまぐすくちょうくん(1684年-1734年)
首里儀保村しゅりぎぼむらに生まれる。
琉球王国の官僚で
冊封式典の踊奉行おどりぶぎょうを務める。国劇である組踊くみうどぅいの創始者であり、多くの芸術作品を生み出す。
二童敵討にどうてぃちうち」、「執心鐘入しゅうしんかにいり」、「銘苅子みかるしー」、「孝行の巻こうこうぬまち」、「女物狂うんなむぬぐるい」を朝薫五番ちょうくんごばんと称す。

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは「七尺節しちしゃくぶし」が舞踊曲として演奏される「綛掛かしかき(かせかけ)」について解説しています。

 

綛掛のアイキャッチ画像
「綛掛(かせかけ)」 - 古典舞踊/女踊り

干瀬節:歌詞   七読と二十読ななゆみとぅはてん 綛かけておきゆてかすぃかきてぃうちゅてぃ 里が蜻蛉羽さとぅがあけずぃば 御衣よすらぬんしゅゆすぃらに   訳 七読ななゆみと二十読 ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.