音楽

「白鳥節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

御船の高艫にうにぬたかとぅむに 白鳥がゐちやうんしるとぅやがゐちょん

白鳥やあらぬしるとぅやあらん 思姉おすじうみなゐうすぃじ

 

舟の船尾(上部)に白い鳥が止まっている。

(いや、あれは)白い鳥ではなく、姉(妹)の霊神(をなり神)である。

高艫たかとぅむ

  • 舟の船尾部
  • 外艫そととぅむ

思姉うみなゐ

  • 思姉うみなゐ思妹姉うみなゐともいう) =兄弟を うむ"うおなりうなゐ(姉妹)。
  • おなり神 = 一家の姉妹が霊力により、兄弟の旅の安全を守護したとする信仰。

おすじうすぃじ

  • セジすぃじ = 霊力(”お”は敬愛を意味する接頭語)

 

解説

白鳥節しるとぅやぶし」は航海の安全を祈る「おなり神信仰」にまつわる民間伝承をみ込んだ歌曲です。

琉球王国時代、海に出ることは常に危険と隣り合わせで暴風雨や荒波、時に海賊の襲撃に遇うなど命がけの航海になりました。

古来より沖縄の女性は神につかえる霊力が宿るとされ、一家の姉妹は航海の安全を祈願し、兄弟を守護する役割を果たしていたそうです。

また、白い鳥は「おなり神」の化身とされ、航海中に船の帆柱ほばしら船尾せんびに止まることは縁起の良いことであるとされていました。

 

船尾に止まる白い鳥

船尾に止まる白い鳥

 

補足

 

逸話

旅の安全を祈願して織られた手巾てぃさーじ思姉妹手巾うみなゐてぃさーじと呼び、かつて沖縄の女性は糸を紡いで仕立てるまでの工程を全て手作業でおこなっていました。

一本一本、祈りを込めて織った手巾てぃさーじには魂が宿り、旅の災難から兄弟を守護したそうです。また、姉妹の髪の毛を入れた袋をお守り代わりとして託す慣わしもあったそうです。

 

結びの曲

演奏会などでは「ニ揚独唱曲」の哀調あいちょうある曲想におさまりをつけるため、祝儀的要素を含んだ「白鳥節しるとぅやぶし」、「立雲節たちくむぶし」、「ヨシヤイナウ節ゆしゃいのーぶし」、「古見之浦節くんのーらぶし」の内いずれか一曲を斉唱して閉会する習わしがあります。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.