音楽

「サアサア節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

急ぎ立ち戻らいすぢたちむどぅら 月も眺めたいつぃちんながみたゐ

里や我宿にさとぅやわがやどぅに 待ちゆらだいものまちゅらでむぬ

 

急いで戻りましょう、月も眺めたので。

あの方は私の家で待っていることでしょう。

さとぅ

  • さとぅ」は女性が思いを寄せる男性に対して使う言葉。男性が思いを寄せる女性に対して使うときは「無蔵んぞ」と呼ぶ。

 

解説

サアサア節さあさあぶし」は月見にきょうじながら家で待つ男性を気遣う女性の健気けなげ心情しんじょうみ込んだ歌曲です。

自然への畏敬いけいの念を重んじてきた昔の人の美しい心を情緒豊かに表現しています。

本曲の節名は歌の囃子はやしから命名され、「サアサア、急いで戻りましょう」と行動を促す際に用いられる表現言語です。

サアサア節さあさあぶし」のしとやかでゆったりとした曲想は、かつて古典舞踊「綛掛かしかき(かせかけ)」の納めの楽曲として構成されていましたが、近年では一部流派を除いて省略することが多くなりました。

 

屋根の上の月

月を眺めて

 

補足

 

古典舞踊

 

古典舞踊のカテゴリーでは「サアサア節さあさあぶし」が舞踊曲として演奏される「綛掛かしかき(かせかけ)」について解説しています。

 

綛掛のアイキャッチ画像
「綛掛(かせかけ)」 - 古典舞踊/女踊り

干瀬節:歌詞   七読と二十読ななゆみとぅはてん 綛かけておきゆてかすぃかきてぃうちゅてぃ 里が蜻蛉羽さとぅがあけずぃば 御衣よすらぬんしゅゆすぃらに   訳 七読ななゆみと二十読 ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.