古典音楽

「六段菅攪」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

※楽器のみで演奏される器楽曲きがくきょく

 

解説

六段菅攪ろくだんすぃががち」は古くより日本本土で演奏されていた筝曲そうきょくが伝来したもので、一説によると現在も継承されている「六段ろくだん調しらべ」の古い形式の楽曲であるとわれています。

筝曲そうきょくには複数の段構造を持つ「段物だんもの」と呼ばれる楽式があり、沖縄では全部で七曲が継承されています。(※下記補足参照)

六段菅攪ろくだんすぃががち」の名は六つの段(拍子)によって構成された「六段ろくだん」と、「和琴わごん」の演奏法である「菅掻すががき」(※1)に由来しているとわれています。

 

菅掻すががき」(※1)

全ての弦を一度に掻き鳴らし、最後は一本の弦の余韻を残すように弾く演奏法。

 

筝

 

補足

 

琉球筝りゅうきゅうそう

琉球筝りゅうきゅうそうは18世紀の初頭に日本本土より伝来したことが始まりとされ、琉球音楽の伴奏楽器として定着してきた歴史があります。

菅撹すぃががち」(段物)や「手事てぃぐとぅ」などの歌唱の伴わない器楽曲きがくきょくの他に、「船頭節せんどうぶし」、「対馬節つしまぶし」、「源氏節げんじぶし」(歌物)と呼ばれる声楽曲が現在まで継承されています。

 

段物だんもの

琉球筝りゅうきゅうそうにおける段物だんものは現在まで七曲が伝承されています。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-古典音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.