音楽

「世栄節」- 古典音楽

世栄節ゆざかゐぶし:工工四

 

世栄節の工工四

工工四(簡易版)クリック→PDF(887KB)より印刷・保存

 

歌詞

 

けふのいからしやきゆぬいからしや 誰がすいからしゆがたがすぃいからしゅが

首里天ぎやなししゅゐてぃんじゃなし 御祝いやことうゆわぇくとぅ

 

今日喜び興じているのは誰のためか、

それは首里にいる国王の御祝いであるからです。

いからし

喜び興ずること。

 

琉球国王の玉座

琉球国王の玉座

 

楽曲の解説

世栄節ゆさかゐぶし」は国王のお祝いを寿ことほぐ気品ある曲想です。

世栄一鎖ゆざけーちゅくさい(組曲)としても演奏されており、本曲の他に「伊江節いゐぶし」、「垣花節かちぬはなぶし」、「揚沈仁屋久節あぎじんにやくぶし」の四曲で組まれています。

各楽曲はそれぞれ本歌で歌う慣わしがあり、全曲を通して演奏することで美しくまとまるように構成されています。

世栄節ゆさかゐぶし」は本歌以外にも、豊年の喜び、季節の移り変わりを題材に祝儀しゅうぎ要素を含んだ琉歌がいくつかうたわれています。

 

世栄節ゆさかゐぶしみ人知らず)

嬉しさやことしあけずばにんすや 彌勒代盛りにぬりらわんびけい

上下も共にさとぅがかたんちょび 遊ぶうれしやぬらすちゃくとぅ

 

嬉しいことに豊年になって、

身分の上下関係なしに楽しむことは喜ばしいことである。

彌勒代みるくゆ

豊年の世。

 

補足

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考にした全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守善、波 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆粒ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.