音楽

「伊江節」- 古典音楽

伊江節いゐぶし:工工四

 

伊江節の工工四

工工四(簡易版)クリック→PDF(915KB)より印刷・保存

 

歌詞

 

あがり打ち向かてあがりうちんかてぃ 飛びゆる綾蝶とぅびゆるあやはびる

まづよ待てはべるまづぃゆまてぃはびる いやりもたさいやゐむたさ

 

東の方へ向かって飛び立つ美しい蝶よ、

一寸待っておくれ、お願いしたい託し物があります。

あがり

東方。日の上がる方角よりできた語。

綾蝶

美しい羽模様の蝶。

いやり

伝言、託し物、ことづけもの

 

飛び立つ蝶

飛び立つ蝶

 

楽曲の解説

伊江節いゐぶし」は節名の通り、伊江村が発祥です。

「標音評釈琉歌全集」によると上句の一節"あがり打ち向かてあがりうちんかてぃ~"はあがりの方面と伊江村の東江をかけ言葉にして表現していると記されています。

遠く離れた東江に住む大切な人へ向けて、蝶に言付けを託すロマン溢れる歌曲です。

 

「伊江節」の歌碑

「伊江節」の歌碑 - 参照:伊江村教育委員会

 

補足

 

世栄一鎖ゆざけーちゅくさい

本曲に加えて「世栄節ゆざかゐぶし」、「垣花節かちぬはなぶし」、「揚沈仁屋久節あぎじんにやくぶし」の四曲を組曲として世栄一鎖ゆざけーちゅくさいと称し、座歌では本歌で歌う慣わしがあります。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考にした全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守善、波 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆粒ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.