音楽

「与那節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

与那の高ひらやゆなぬたかふぃらや 汗はてど登るあすぃはてぃどぅぬぶる

無蔵に思なせばんぞぅにうみあなすぃば 車とうばるくるまとぅばる

 

与那の急な坂道は汗を流して登るものだが、

愛しい人のことを思うと平坦に感じる。

与那ゆな

  • 国頭郡国頭村与那くにがみぐんくにがみそんよな
  • 沖縄本島北部の緑豊かなやんばるの森に囲まれている集落

ひらふぃら

無蔵んぞぅ

  • 親しみを込めて男性が女性を呼ぶときの言葉。対して、女性が男性を呼ぶときは「さとぅ」と言う。

車とう原くるまとぅばる

  • 平坦なところ
  • 荷馬車が通れる平坦な場所

 

解説

汗を流すほど難儀な坂道であるが、愛しい人を思えば平坦な道に感じるものであると、人間の心の持ちようをみ込んだ歌曲です。

与那の高坂たかふぃら国頭村くにがみそん与那よな集落と伊地いじ集落を結ぶ峠道のことで、道路が整備されるまでは村人の生活道として利用されていました。

最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)には「与那節ゆなぶし」が収められており、国頭間切与那村(現・国頭郡国頭村与那くにがみぐんくにがみそんよな)の出自が記されています。

また、国道58号線を通る与那トンネルの北側には本曲の歌碑が建てられています。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

與那(与那)節の歌碑

與那(与那)節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.