音楽

「ヤリコノシ節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

1.

おしつれて互にうしつぃりてぃたげに 遊びぼしやあすがあすぃびぶしゃあすぃが

むぢやれ匂高さんぢゃりにをぃだかさ わかて遊ばわかてぃあすぃば

2.

よも面のきよらさゆむづぃらぬちゅらさ どくたのでをるなどぅくたぬでぃをぅるな

縁ど肌そゆるゐんどぅはだすゆる 浮世知らねうちゆしらに

 

1.

連れだって一緒に遊びたいのですが、

ひどい臭気がするから別れて遊びましょう。

2.

顔が綺麗だからといって自惚うぬぼ"れなさんな

縁あって結ばれるのがこの世の習いだということを知らぬのか。

むぢやれんぢゃり

  • 「乱れ」という意味だが文脈に応じて「ひどい」とする。参考:『標音評釈・琉歌全集/武蔵野書院版』

よも面ゆむづぃら

  • よも = 蔑称べっしょう
  • 憎らしい顔

きよらちゅら

  • 清らか
  • 美しい

 

解説

ヤリコノシ節やりくぬしぶし」は対照的たいしょうてきな関係にある美女と醜女しこめの対比を描き、互いの心積もりを言い交わしながら展開していく歌曲です。

澄ました顔で不人情な言葉を投げかける美女に対して、醜女しこめ妬み心ねたみごころを抑えながら「人間は顔ではなく、ご縁(心)が大切である」と一種の人生訓じんせいくんに置き換えて言い返します。

ヤリコノシ節やりくぬしぶし」はお面を用いて踊る唯一の古典演目「醜童しゅんどう」の舞踊曲として演奏されており、節名は囃子詞から命名されています。

 

醜童のお面

醜女のお面

 

補足

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは「ヤリコノシ節やりくぬしぶし」が舞踊曲として演奏される古典演目「醜童しゅんどう」について解説しています。

 

醜童(しゅんどう)の舞踊写真
「醜童」 - 古典舞踊/打組踊り

シヨンダウ節:歌詞   ”シュンドー” 諸鈍長浜にしゅどぅんながはまに ”ヨウアシュンドー” 打ちやり引く波のうちゃいひくなみぬ ”ヨウアシュンドー” ”シュンドー” 諸鈍女童のしゅどぅんみ ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.