音楽

「ソレカン節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

1.

油買ふて給れあんだこぅてぃたぼり ぢはも買ふて給れぢふぁんこぅてぃたぼり

捨て夫の見る前すぃてぃをぅとぅぬみるみ みなでしやべらみなでぃしゃびら

2.

あだに垣だいんすあだにがちでんすぃ 御衣かけて引きゆりんしゅかきてぃふぃちゅゐ

だいんすもとべらひやでんすぃむとぅびれや 手取て引きゆらてぃとぅてぃふぃちゅら

 

1.

油を買ってください、かんざしも買ってください。

私を捨てた夫の見る手前、(見苦しい姿を見せたくないので)身だしなみを整えましょう。

2.

アダンの海垣うみがきでさえも着物をかけて引き寄せるのです。

ですから、もとはちぎりを交わした仲ならば手を取って引き寄せてくれましょう。

あんだ

  • 頭髪用の油

ぢはじーふぁ

  • かんざし =結髪するための髪飾り。スプーンのような形状は整髪用せいはつようの油をすくうために使用し、逆側の先端部せんたんぶとがっているため護身用ごしんようの武器に使われていた。

あだに垣あだにがち海垣うみがき

  • パイナップルに似た果実をつけ、葉は鋭いとげを持つ。枝からは複数の支柱根しちゅうこんが土に向かってえ、風に強く倒れにくいことから人々の暮らしを守る防風防潮林ぼうふうぼうちょうりんとして、アダンの木を植栽しょくさい海垣うみがきを築いている。海垣うみがきは生物の生息域を形成し、ヤシガニ、オカヤドカリ、オカガニの住処すみか、ウミガメの産卵などの環境保全にも役立っている。

だいんすでんすぃ

  • ~でさえ

 

解説

ソレカン節すりかんぶし」は離縁した元夫に対する情動的な女性の心の機微きびみ込んだ歌曲です。

一度は夫婦のちぎりを交わした御縁、別れてもかつて愛した夫の前では常に身なりを整えていたいと思う女心を描いています。

頭髪用の油で整髪し、髪飾りに用いるジーファは身分により異なった素材のものを選ぶならわしがあり、王族は金、士族は銀、平民は真鍮しんちゅうや木製のジーファをしていたそうです。

 

浜辺に群生するアダン(海垣)

浜辺のアダン(海垣)

アダン

アダンの実

 

補足

 

逸話

ある日、男が急なにわか雨にあい軒先に駆け込んだところ、そこに元の妻であった女が雨宿りをしていました。

はじめのうちは気恥ずかし気持ちでそっぽを向いていましたが、つい茶目っ気を出してそっと袖を引いたら元の妻は驚いた様子でその場から立ち去っていきました。

折り悪く、そこを通りかかった築佐事ちくさじ(警察)に風紀を乱した罪で男は捕まってしまい、平等所ひらじょ(警察署兼裁判所)に訴えられてしまいます。

この一件について思索しさくしていると、そこに情け深いとされる具志川王子が事の経緯をお聞きになり、この歌を役人に示して諭したことが最終的な決め手となり、元は縁のあった夫婦なのだから罰することはなく無罪となったという逸話が残されています。

この具志川王子は”だいんすでんすぃ”の語をよく歌に用いたので、のちに「だいんす御前でんすぃうめー」という名がついたそうです。

参考:『嗣周・歌まくら/那覇出版社』

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは「ソレカン節すりかんぶし」が舞踊曲として演奏される古典演目「醜童しゅんどう(しよんだう)」について解説しています。

 

醜童(しゅんどう)の舞踊写真
「醜童」 - 古典舞踊/打組踊り

シヨンダウ節:歌詞   ”シュンドー” 諸鈍長浜にしゅどぅんながはまに ”ヨウアシュンドー” 打ちやり引く波のうちゃいひくなみぬ ”ヨウアシュンドー” ”シュンドー” 諸鈍女童のしゅどぅんみ ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.