音楽

「踊こはでさ節」- 古典音楽

踊こはでさ節をぅどぅゐくふぁでぃさぶし」:工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

こはでさのお月くふぁでぃさぬうつぃち まどまどど照ゆるまどぅまどぅどぅてぃゆる

よそ目まどはかてゆすみまどぅばかてぃ 忍でいまうれしぬでぃいもり

 

クワディーサーの木陰から照らす月はまばらであるから、

他所の目の隙を見はからって忍んでいらしてください。

こはでさくふぁでぃさ

モモタマナ(コバテイシ) = シクンシ科に属する樹木。

別名クワディーサーと呼ばれている。

15m以上に育つ高木で白い花と約3~6cmほどの実をつける。

まどまどまどぅまどぅ

すき間すき間に。

まばらに。

 

曲目解説

踊こはでさ節をぅどぅゐくふぁでぃさぶし」は久米島くめじまが発祥で、島尻郡久米島町兼城しまじりぐんくめじまちょうかねぐすくにある兼城公民館には本曲の歌碑が建てられています。

また、最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)には、原歌となる「胡波伝佐節こはてさふし」が収録されており、出自しゅつじ久米島くめじまと記されています。

夜になると黒々と生茂おいしげった葉の隙間からは月明りがわずかにのぞく程度で、その暗闇を利用して人目につかぬよう男女が逢引あいびきしている様子を描いています。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

こはでさ節(踊りこはでさ節)の歌碑

こはでさ節(踊りこはでさ節)の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

 

クワディーサーの逸話

クワディーサーの木は枝が水平に伸び、葉が大きく広がるため、夏場になると快適な木陰を提供してくれます。そのため、人の集まる集会所や公園に多く植栽しょくさいされてきました。

また、人里離れたさみしい場所や墓地などにも植えられていることから、島の各地では「人の泣き声」をって成長する言い伝えが残されています。

 

モモタマナと月夜

クワディーサーと月夜

 

古典舞踊

古典舞踊のカテゴリーでは、「踊こはでさ節をぅどぅゐくふぁでぃさぶし」が歌詞を替えて演奏される「四つ竹ゆつぃだき」の舞踊演目について解説しています。

 

替え歌

旋律が借用しゃくようされ、原歌と替え歌の関係が派生したのは最古の歌謡が集録しゅうろくされている「おもろ」の時代からであり、今日に至るまで一つの伝統形式として成り立っています。

『おもろさうし』 は12世紀から17世紀にかけて島々でうたわれていた歌謡を採録さいろくし、1531年から1623年にかけて編纂へんさんされた最古の歌謡集です。

「おもろ」の語源は 「思いうむい」 を意味します。

 

四つ竹のアイキャッチ画像
「四つ竹」 - 古典舞踊/女踊り

踊りこはでさ節をぅどぅいくふぁでぃさぶし:歌詞   打ち鳴らし鳴らしうちならしならし 四つ竹は鳴らちゆつぃだきはならち 今日や御座出ぢてきゆやうざぅんじてぃ 遊ぶ嬉しやあしぶうりしゃ &nb ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において、参考させて頂いたすべての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.