音楽

「ヨシヤイナウ節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

十日越しの夜雨とぅかぐしぬゆあみ 草葉うるはしゆすくさばうるわしゅすぃ

おかけぼさ御代のうかきぶしぇみゆぬ しるしさらめしるしさらみ

 

十日越しの夜雨が草葉をうるおすのは、

(国王様の)ご治世ちせいの現れである。

御代みゆ

  • 治世ちせい(世を治めること、統治)
  • よく治まった世

しるししるし

  • 現われ
  • きざ

 

解説

かつて琉球王国では日照りや干ばつが深刻になると、国王の指揮のもと国をあげて「雨乞あまぐい」の儀礼をりおこなってきた歴史があります。

ヨシヤイナウ節ゆしゃいのーぶし」はこの儀礼を背景に、実り豊かな世は国王のご高徳こうとく賜物たまものであると国家繁栄に導くご治世ちせいを賛美してまれた歌曲です。

十日越しの夜雨とぅかぐしぬゆあみ”とは10日ごとに降る雨という意味を持ち、畑仕事を休んでいる時間帯、また、太陽の光をさえぎらない夜間に降る雨は農作物に適した天候であることにちなんでいます。

 

夜雨に濡れる草葉

夜雨に濡れる草葉

 

補足

 

節名の由来

本曲の節名は歌の囃子”ヨシヤイナウゆしゃゐの”から命名されたとわれています。

また、最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)には「与舎江納節ゆしゃいのおぶし」の字があてられ、世の泰平たいへいしゅくした琉歌ニ首が収められています。

 

結びの曲

演奏会などでは、「ニ揚独唱曲」の哀調あいちょうある曲想におさまりをつけるため、祝儀的要素を含んだ「ヨシヤイナウ節ゆしゃいのーぶし」、「立雲節たちくむぶし」、「白鳥節しるとぅやぶし」、「古見之浦節くんのーらぶし」の内いずれか一曲を斉唱して閉会する習わしがあります。

 

組踊

三千首の琉歌を収めた『標音評釈・琉歌全集/武蔵野書院版』には九首の「ヨシヤイナウ節ゆしゃいのーぶし」が収録されており、おもに世の泰平たいへい寿ことほぐ祝儀的要素を含んだ琉歌が収められています。

組踊くみうどぅい(※1)の演目では、「萬歳敵討まんざいてぃちうち」、「伏山敵討ふしやまてぃちうち」をはじめ、仇討かたきうちを果たして喜びを表現する場面で「ヨシヤイナウ節ゆしゃいのーぶし」が演奏されます。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1719年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

略歴

玉城朝薫たまぐすくちょうくん(1684年-1734年)
首里儀保村しゅりぎぼむらに生まれる。
琉球王国の官僚で
冊封式典の踊奉行おどりぶぎょうを務める。国劇である組踊くみうどぅいの創始者であり、多くの芸術作品を生み出す。
二童敵討にどうてぃちうち」、「執心鐘入しゅうしんかにいり」、「銘苅子みかるしー」、「孝行の巻こうこうぬまち」、「女物狂うんなむぬぐるい」を朝薫五番ちょうくんごばんと称す。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.