音楽

「仲風節」(本調子・下出し)- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

結ばらぬむすぃばらん 片糸のかたいとぅぬ

あはぬうらめとてあわんうらみとぅてぃ つもる月日つぃむるつぃちふぃ

 

結ばれない片糸のように、

逢えぬことを恨みながら積もる月日である。

片糸かたいとぅ

  • 片糸かたいとぅ = 恋慕れんぼを描く際の縁語として使用される
  • 片方の糸

 

解説

仲風節なかふぅぶし」(本調子ほんちょうし下出しさぎんぢゃし)は成就じょうじゅすることのない男女の恋慕れんぼを結ばれぬ片糸に映し重ねてみ込こんだ歌曲です。

本曲は仲風節なかふぅぶし」(二揚にあぎ下出しさぎんぢゃしと同じ琉歌でうたわれており、〔下出しさぎんぢゃし〕の演奏技法を用いて歌い出しの音程を低くすることで哀調ある曲想に仕立てられています。(※歌い出しの音程を高くする演奏技法を対して〔揚出しあぎんぢゃし〕と呼びます。)

一般的に琉歌は上句〔八・八〕、下句〔八・六〕の計三十音の定律で構成されますが、「仲風節なかふぅぶし」の上句は〔五・五〕の和歌の音数律でまれています。

一説によると、こうして和歌と琉歌の二つの要素を中半分ずつ取り入れたことから”仲風なかふぅ”と呼ばれるようになったとわれています。

 

片糸

片糸

 

補足

 

音の調子

仲風節なかふぅぶし」は本調子ほんちょうしニ揚調にあぎちょうなど、音の調子を種々に編曲し、それぞれが独立した歌曲として愛唱されてきました。

 

山の稜線に月
「仲風節」(本調子)- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   語りたやかたゐたや 語りたやかたゐたや 月の山の端につぃちぬやまぬふぁに かかるまでもかかるまでぃん   ...

続きを見る

三線の横に誠の文字を添えて
「仲風節」(二揚調)- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   誠一つのまくとぅふぃとぅつぃぬ 浮世さめうちゆさみ のよでい言葉のぬゆでぃいくとぅばぬ あはぬおきゆがあわんうちゅが ...

続きを見る

赤い糸
「仲風節」(二揚調・下出し)- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   結ばらぬむすぃばらん 片糸のかたいとぅぬ 逢はぬ恨みとてあわんうらみとぅてぃ つもる月日つぃむるつぃちふぃ &nbs ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.