音楽

「サック節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

あだね垣だいんすあだにがちでんすぃ 御衣かけて引きゆりんしゅかきてぃふぃちゅゐ

だいんすもとべらひやでんすぃむとぅびれや 手取て引きゆらてぃとぅてぃふぃちゅら

 

アダンの海垣うみがきでさえも着物をかけて引き寄せるのです。

ですから、もとはちぎりを交わした仲ならば手を取って引き寄せることもありましょう。

あだに垣あだにがち海垣うみがき

  • タコノキ科タコノキ属の海浜植物。パイナップルに似た果実をつけ、葉は鋭いとげを持つ。枝からは複数の支柱根しちゅうこんが土に向かってえ風に強く倒れにくいことから人々の暮らしを守る防風防潮林ぼうふうぼうちょうりんとしてアダンの木を植栽しょくさい海垣うみがきを築いている。
  • 海垣うみがきは生物の生息域を形成し、ヤシガニ、オカヤドカリ、オカガニの住処すみか、ウミガメの産卵などの環境保全にも役立っている。

だいんすでんすぃ

  • ~でさえ

もとべらひむとぅびれ

  • 昔、契りを交わした

 

解説

サック節さっくぶし」は離縁した愛人に対する情動的な女性の心の機微きびみ込んだ歌曲です。

一度はちぎりを交わしたご縁、別れてもかつて愛した人を前にすると揺れ動かされる女心を擬人法を用いてアダンの植物に映し重ねてまれています。

元々「サック節さっくぶし」は三線音楽として作られたものではなく、御冠船うかんしん(※1)で演じられる集団舞踊「入り子踊りいりくうどぅい」に構成されている歌謡でした。

 

御冠船うかんしん(※1)

琉球国王の即位時に、冊封使さっぽうしみんしんの使者)を歓待する祝宴で演じられた諸芸能のことを指します。

皇帝より授けられた冠をたずさえて来航らいこうしたことから「御冠船うかんしん」という名がつき、1404年から1866年の間、計22回おこなわれました。

 

アダン(植物)

アダン

 

補足

 

入り子踊りいりくうどぅい

入り子踊りいりくうどぅい」はいくつかの踊りを組み合わせて、円陣の中にさらに円陣を作って入り子形式で踊る演目です。

その歴史は古く、1604年に開催された豊国大明神臨時祭とよくにだいみょうじんりんまつり(豊臣秀吉七回忌を記念して)の舞踊図にその様子が描かれており、また、1719年の戌の御冠船うかんしんでは「入り子踊りいりくうどぅい」の演目名が記録されています。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.