音楽

「久米はんた前節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

久米の五葉の松くみぬぐゆぅぬまつぃ 下枝の枕したゐだぬまくら

思童無蔵やうみわらびんぞぅや 我腕枕わうでぃまくら

 

久米島の五葉松は下枝を枕にしている。

愛しい彼女は私の腕を枕にしている。

はんた

  • はしっこ
  • 崖のふち

五葉の松ぐゆぅぬまつぃ

  • 島尻郡久米島町上江洲しまじりぐんくめじまちょううえずにある県立自然公園・五枝ごえだ松園地まつえんちに生育するリュウキュウマツ(名称:久米の五枝の松くめのごえだのまつ)。国指定天然記念物であり、見事な枝ぶりが特徴的な松の木である。

思童無蔵うみわらびんぞぅ

  • 愛しい彼女

思童うみわらび = かわいい子供、愛らしい子供、お子さん(子供の敬語)。無蔵んぞぅ = 親しみを込めて男性が女性を呼ぶときの言葉。これらの二つの言葉を掛け合わせて「愛しい彼女」と解釈するようである。

 

解説

久米はんた前節くみはんためーぶし」は沖縄本島から西へ約100kmに位置する久米島くめじまが発祥の地で、島尻郡久米島町上江洲しまじりぐんくめじまちょううえずにある県立自然公園・五枝ごえだ松園地まつえんちには本曲の歌碑が建てられています。

園内には”五枝ごえだまつ”の愛称で知られる大きな松の木が育成されており、古くは農業の神様をまつったときに植樹されたと伝えられています。

四方に広がる見事な松の枝葉に、自身の腕枕の姿を映し重ねてみ込んでいます。

 

久米の五枝の松

久米の五枝の松

久米の五枝の松(枝ぶり)

久米の五枝の松(枝葉)

 

補足

 

原歌

久米はんた前節くみはんためーぶし」と、「中城はんた前節なかぐすぃくはんためーぶし」の原歌となる歌碑が同じ島内(島尻郡久米島町具志川しまじりぐんくめじまちょうぐしかわ)にある宇根仲泊線うねなかどまりせん(おばけ坂付近)に建てられています。

また、最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)には「半田前節はんためえぶし」の節名で同じ琉歌が収められており、出自には”久米嶋(久米島くめじま)”と記されています。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

久米はんた前節くみはんためーぶし(原歌)

はんた前の下りはんためぬくだい 溝わてどよこすんじゅわてぃどぅゆくす

三十ませ三ませさんじゅましみまし 真水こめてまみじくみてぃ

 

はんた前の傾斜地に溝を掘って水を引く。

たくさんの田んぼに水がいきわたり、なんと喜ばしいことでしょう。

三十ませ三ませさんじゅましみまし

  • ませ = 田の区画。壮大な田園風景をあらわしている。

 

久米はんた前節の歌碑

久米はんた前節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.