音楽

「宇地泊節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

宇地泊まさごうちどぅまゐまさぐ てだどまぎらしゆるてぃだどぅまぢらしゅる

お月まぎらしゆるうつぃちまぢらしゅる 浜のまさごはまぬまさぐ

 

宇地泊うちどぅまゐの白砂は太陽が照らしているかのように目を疑うほど輝き、

月に見間違えるほど白砂が輝いている。

宇地泊うちどぅまゐ

  • 現在の宜野湾市宇地泊ぎのわんしうちどまりエリア

まさごまさぐ

  • 真砂子まさぐ = 白砂、細かい砂

てだてぃだ

  • 太陽

まぎらしゆるまぢらしゅる

  • 見間違う
  • 目を疑う

 

解説

宇地泊節うちどぅまゐぶし」は宜野湾市宇地泊ぎのわんしうちどまりにかつて存在した白い砂浜を賛美した歌曲で、太陽や月に照らされて光り輝く美しい砂浜の景観をみ込んでいます。

この一帯は公共事業の開発により全て埋め立てられましたが、地域の人々の声を受け、後世に語り継いでいくために琉歌の歌碑が建てられました。

また、白い砂は隣接する宜野湾市真志喜ぎのわんしましきの海岸(トロピカルビーチ)に運搬され、現在もその美しい光景を見ることが出来ます。

 

白い砂浜(トロピカルビーチ)

白い砂浜(トロピカルビーチ)

 

補足

 

組踊

組踊くみうどぅい(※1)の演目「孝行の巻こうこうぬまち」では、貧しい家柄の姉弟が登場する場面で「宇地泊節うちどぅまゐぶし」が歌詞を替えて演奏されます。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1719年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞せりふ、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

略歴

玉城朝薫たまぐすくちょうくん(1684年-1734年)
首里儀保村しゅりぎぼむらに生まれる。
琉球王国の官僚で
冊封式典の踊奉行おどりぶぎょうを務める。国劇である組踊くみうどぅいの創始者であり、多くの芸術作品を生み出す。
二童敵討にどうてぃちうち」、「執心鐘入しゅうしんかにいり」、「銘苅子みかるしー」、「孝行の巻こうこうぬまち」、「女物狂うんなむぬぐるい」を朝薫五番ちょうくんごばんと称す。

 

宇地泊節うちどぅまゐぶし

朝夕うきくれしやあさゆうちくりしゃ 思姉とわ身やうみないとぅわみや

ゆめの間のうきよゆみぬまぬうちゆ くらすかねてくらしかにてぃ

 

朝夕苦しい思いをしている姉と私は、

夢の間のはかない人生を暮らしかねている。

うきくれしやうちくりしゃ

  • き苦しや = 苦しい思い

き = 心悩ますこと 

くらすかねてくらしかにてぃ

  • 暮らしかねている
  • 暮らすことが出来ないでいる

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.