音楽

「勝連節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

勝連の島やかつぃりんぬしまや 通ひぼしやあすがかゆゐぶしゃあすぃが

わにやまぜうの潮のわにゃまじょうぬうしゅぬ けやりあぐできやゐあぐでぃ

 

勝連の島には通いたいけれど、

和仁屋間門わにゃまじょうの潮路を進むのは困難である。

勝連かつぃりん

  • 沖縄本島中部うるま市の東海岸に位置する勝連半島のこと。

わにやまぜうわにゃまじょう

  • 和仁屋間門わにゃまじょう = 北中城村きたなかぐすくそん和仁屋わにやと隣接する渡口とぐちの間にかつて存在した地域名。 

あぐであぐでぃ

  • あぐむ = 困る
  • 困難

 

解説

勝連節かつぃりんぶし」は首里方面より勝連半島に向かう道中の和仁屋間門わにゃまじょうに広がる干潟ひがたの難所をみ込んだ歌曲です。

この一帯は干潮かんちょう時になると人が歩けるほどの浅瀬になることから勝連半島に向かう道中として使われてきましたが、足場が悪く潮の流れも強いため交通の難所として知られていました。

和仁屋間門わにゃまじょうの難所をうたった作品は他にも古典舞踊「八重瀬の万歳えーじぬまんざい」の旅の道中をみ込んだ「道行口説みちゆきくどぅち」にその様子が描かれています。

 

沖縄の干潟(イメージ)

干潟(イメージ)

 

補足

 

楽曲の変遷

最古の三線楽譜さんしんがくふである『屋嘉比工工四やかびくんくんしー』(※1)には「和仁也間門節」の節名が収められており、歌詞は「勝連節かつぃりんぶし」の上句と同じ琉歌が記されています。

また、中頭郡北中城村渡口なかがみぐんきたなかぐすくそんとぐちにある渡口とぐち多目的広場の一角には「和仁屋間門わにゃまじょう」の節名で琉歌碑が建てられており、本曲と同じ琉歌が刻まれています。

 

屋嘉比工工四やかびくんくんしー(※1)

琉球音楽家の屋嘉比朝寄やかびちょうき(1716-1775)によって編み出された記譜法きふほうにより創案された現存する最も古い三線楽譜です。(117曲編纂へんさん

 

和仁屋間門の琉歌碑

和仁屋間門の琉歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.