音楽

「ジツサウ節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

思ゆらば里前うむゆらばさとぅめ 島とまいていまうれしまとぅめてぃいもり

島や中城しまやなかぐすぃく 花の伊舎堂はなぬいしゃどー

 

あなたが思ってくださるなら、私の故郷を訪ねに来てください。

故郷は中城にある花の伊舎堂になります。

里前さとぅめ

  • さとぅ」は女性が思いを寄せる男性に対して使う言葉。男性が思いを寄せる女性に対して使うときは「無蔵んぞ」と呼ぶ。

しま

  • 故郷
  • 領地

とまいてとぅめてぃ

  • 訪ねて

 

解説

ジツサウ節じっそぅぶし」は伊舎堂いしゃどう集落に暮らす若い娘の恋心をみ込んだ歌曲とわれています。

現在の中城村なかぐすくそんにある伊舎堂いしゃどうはかつて綿の栽培が盛んな地区として知られ、数多くの若い女性が働き手として暮らしていました。

歌詞の”花の伊舎堂はなぬいしゃどー"は若い娘に可愛かわいらしい綿花めんかの姿を映し重ねてまれたのでしょう。

一日の作業が終わると、近隣の村から若い男女が集まり、毛遊びもーあすぃび(※1)を楽しむ風景がこの地ではよく見られたそうです。

 

毛遊びもーあすぃび(※1)

若い男女が広場に集まり、円陣をつくって三線の音に合わせて歌ったり、踊ったりして交流をはかる場。

もーは”野原”のことで、遊びあすぃびは”宴”を指している。

 

綿の花

綿の花

 

補足

 

節名の由来

ジツサウ節じっそぅぶし」は中頭郡中城村伊舎堂なかがみぐんなかぐすくそんいしゃどうが発祥の地で、伊舎堂いしゃどう公民館に隣接した一角には本曲の歌碑が建てられています。

一説によると「ジツサウ節じっそぅぶし」の節名は、”ほんとうか”という意味を持つ囃子詞”ジッツソゥマァ”から命名されていると云われています。

参考:『琉球古典音楽歌詞囃子解説集/小渡良忠』

 

ジツサウ節の歌碑

ジツサウ節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.