音楽

「通水節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

通水の山やかゐみづぃぬやまや 一人越えて知らぬふぃちゅゐくぃてぃしらん

乗馬と鞍とぬゐうむまとぅくらとぅ 主と三人ぬしとぅみちゃゐ

 

通水の山を一人越えて来たので誰も知ることはない。

(知っているのは)乗馬と鞍と主人である自分だけである。

通水の山かゐみづぃぬやま

  • 伊是名島いぜなじま諸見しょみ地区から勢理客じっちゃく地区を通る山路。大木が鬱蒼うっそうと生い茂り、昼間でも薄暗く大変険しい山道であった。参考:『通水節の歌碑』

くら

  • 馬の背に置いて、人や荷物を乗せる馬具。

 

伊是名島の諸見から勢理客までのルート地図

通水を拠点に諸見から勢理客までのルート

 

解説

通水節かゐみづぃぶし」は琉球王国の尚円王しょうえんおうが青年期まで過ごした伊是名島いぜなじまを舞台に、恋人と忍び逢うために通った山路を背景にして自身の心情をみ込んだ歌曲です。

最古の琉歌集である『琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)には本曲が収録されており、出自しゅつじ伊平屋嶋いへやじまと記されているのはかつて伊是名島いぜなじま伊平屋間切いへやまぢり(行政区)に属していたためです。(※1940年に伊平屋いへやから分村)

山道の中間に位置する伊是名村仲田いぜなそんなかだにある公園には、馬に乗った若き日の尚円王しょうえんおうの銅像と本曲の歌碑が建てられており、石板の解説には以下の文面が刻まれています。

尚円王は、青年期まで、首見邑しゅみむら(諸見区)の「首見の比屋しゅみぬひや」の庇護を受けていたと言われ、住まいが首見の比屋宅のにしの方角にあることから、「にし松金まちがに」と呼ばれたそうであります。

その頃、勢理客邑じっちゃくむら(勢理客区)は島一番の華国と讃えられ、夜ごと若者達が集まる華やかな邑でありました。

当時、ここ通水かいみじは、勢理客邑じっちゃくむらに通う唯一の山道で、大木が鬱蒼うっそうと生い茂り、昼間でも薄暗く、大変寂しく険しい山道でありました。

にし松金まちがには、その険しくも寂しい通水かいみじの山道を、愛馬にまたがり、毎夜のように勢理客邑じっちゃくむらに通ったと伝えられています。

その時の寂しく、切なく熱い思いを詠ったのが今に歌い継がれている「通水節かいみじぶし」であります。

 

琉歌百控りゅうかひゃっこう』(※1)

上編「乾柔節流けんじゅうせつりゅう」、中編「独節流どくせつりゅう」、下編「覧節流らんせつりゅう」の三部(全601首)からなり、1795年~1802年にかけて編纂へんさんされた最も古い琉歌集です。

 

略歴

尚円王しょうえんおう(1415-1476年)
伊是名島いぜなじまの百姓の家に生まれ、元の名を金丸かなまるという。
四百年続いた第二尚氏王統しょうしおうとうの初代国王。
当時の琉球王府に対する不満勢力がクーデターを起こして実権を奪い、新国王に金丸かなまるが迎えられ、尚円王しょうえんおうとして即位する(1469-1476年)

 

尚円王乗馬像

尚円王乗馬像 - 提供:歌碑を訪ねて西東

通水節の歌碑

通水節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

 

組踊、古典音楽

琉球王国の国劇である組踊くみうどぅい(※1)に「仲村渠真嘉戸」というタイトルの作品があります。

この作品は伊江島いえじまの由緒ある家柄の娘 仲村渠真嘉戸なかんかりまかと伊是名島いぜなじまにし松金まちがに(後の尚円王しょうえんおう)の逢瀬を描いた短編物語で、二人が再会を喜びあうシーンの演奏曲として「通水節かいみじぶし」の旋律が借用されます。

また、古典音楽の「仲村渠節なかんかりぶし」は真嘉戸まかと松金まちがにのロマンスを描いた歌曲であるとわれています。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1718年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

中昔節

通水節かゐみづぃぶし」は古典音楽の中昔節なかんかしぶし(※1)の分類に属します。

 

中昔節なかんかしぶし(※1)

古典音楽の中でも古くから存在し、演奏時間、演奏技術ともに大曲である楽曲を大節うふぶしと呼び、創作された年代や曲想により、昔節んかしぶし大昔節うふんかしぶし中昔節なかんかしぶしに分類されます。

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.