音楽

「東江節」- 古典音楽

工工四

三線を再生印刷・保存

 

歌詞

 

東あかがればあがりあかがりば 夜の明けんともてゆぬあきんとぅむてぃ

月どぬきやがゆるつぃちどぅぬちゃがゆる 恋し夜半くゐしやふぁん

 

東の方が明るくなったので夜が明けるのかと思っていたが、

(そうではなく)月がのぼってくる恋しい夜半であった。

夜半やふぁん

  • 夜中
  • 午前0時の前後

 

夜半の月

夜半の月

 

解説

東江節あがりゐぶし」は伊江島いえじまが発祥の地で、国頭郡伊江村東江上くにがみぐんいえそんひがしえうえにある伊江村農村環境改善いえそんのうそんかんきょうかいぜんセンターの敷地内には歌碑が建てられています。

本曲はこの東江ひがしえの地名と歌詞にまれる”あがり”の方角を掛詞かけことばにして表現しています。

歌碑に設けてある石板解説には以下の文面が刻まれています。

東の空が白みかけると夜が明けるのかと思っていたら そうではなくて月がのぼって来るのであった

それならば恋人ともう少し語り合う時間があったのに急いで別れてしまって惜しいことをした

あヽいつまでも忘れることのできぬ恋しい夜半だ

 

東江節の歌碑

東江節の歌碑 - 提供:歌碑を訪ねて西東

 

補足

 

組踊

三千首の琉歌を収めた『標音評釈・琉歌全集/武蔵野書院版』には二十三首の「東江節あがりゐぶし」が集録されており、内容は別離を惜しんでうたった琉歌が多くみられます。

組踊くみうどぅい(※1)の演目「忠孝婦人ちゅうこうふじん大川敵討うーかーてぃちうち)」、「義臣物語ぎしんものがたり」、「忠臣身替ちゅうしんみがわり」、「銘苅子めかるしー」の作品では、別離のシーンの演奏曲として「東江節あがりゐぶし」の旋律が借用されています。

 

組踊くみうどぅい(※1)

琉球王国時代の1718年に踊奉行おどりぶぎょう(式典の際に舞台を指揮、指導する役職)の任命を受けた玉城朝薫たまぐすくちょうくんにより創始された歌舞劇かぶげきです。

台詞、舞踊、音楽の三つの要素から構成された古典芸能で、1972年に国の重要無形文化財に指定され、2010年には世界のユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

略歴

玉城朝薫たまぐすくちょうくん(1684年-1734年)
首里儀保村しゅりぎぼむらに生まれる。
琉球王国の官僚で
冊封式典の踊奉行おどりぶぎょうを務める。
国劇である組踊くみうどぅいの創始者で
多くの作品を生み出す。
二童敵討にどうてぃちうち」、「執心鐘入しゅうしんかにいり」、「銘苅子みかるしー」、「孝行の巻こうこうぬまち」、「女物狂うんなむぬぐるい」を朝薫五番ちょうくんごばんと称す。

 

中昔節

東江節あがりゐぶし」は古典音楽の中昔節なかんかしぶし(※1)の分類に属します。

 

中昔節なかんかしぶし(※1)

古典音楽の中でも古くから存在し、演奏時間、演奏技術ともに大曲である楽曲を大節うふぶしと呼び、創作された年代や曲想により、昔節んかしぶし大昔節うふんかしぶし中昔節なかんかしぶしに分類されます。

 

古典音楽

東江節あがりゐぶし」は本調子ほんちょうし二揚調子にあぎちょうしの調弦法により、それぞれに質の異なる情感を表現しながら演奏されます。

 

別離の哀情(イメージ)
「東江節」(二揚調)- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞   義理ともて二人ぢりとぅむてぃふたゐ 暇呉てあすがいとぅまくぃてぃあすぃが まこと別れよるまくとぅわかりゆる 際になれ ...

続きを見る

再会(イメージ)のシルエット
「東江節」(アーキー)- 古典音楽

工工四 三線を再生印刷・保存 【工工四について】   歌詞 1.組踊「忠臣身替の巻ちゅうしんみがわりぬまち」 あけ夢がやゆらあきゆみがやゆら  2.組踊「孝行の巻こうこうぬまち」、「女物狂う ...

続きを見る

 


 

参考文献(沖縄の本)のイメージ画像
参考文献一覧

書籍/写真/記録資料/データベース 当サイト「沖縄伝統芸能の魂 - マブイ」において参考にさせて頂いた全ての文献をご紹介します。     1.『定本 琉球国由来記』 著者:外間 守 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マブイ

ニライカナイから遊びにやってきた豆電球ほどの妖怪です。

好きな食べ物:苔
好きな飲み物:葉先のしずく

-音楽
-, , ,

Copyright © マブイ All Rights Reserved.